1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

emuo3emuo3さん

■「住宅ローン控除」って何?

■どうやったらもらえるの?

毎年2月から3月の間に確定申告をするだけです。

必要書類を持って、確定申告会場へいきましょう。

会場へ行けばやり方を教えてくれるので、その通りにやれば完成です。

自分で毎年確定申告をしている人以外であれば、2年目からは勤務先に住宅ローン年末残高証明書を提出するだけで自動的に住宅ローン控除の手続きをやってくれます。

個人事業主など、自分で確定申告をしている人は毎年確定申告をするついでに住宅ローン年末残高証明書を提出する必要があります。

書類さえ揃っていれば、書き方は係の方が教えてくれます。 次の書類を揃えておきましょう!

■必要なものは?

●税務署で用意されている申告書類

会社員の場合、「確定申告書A(第一表と第二表)」と「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の2つが必要です。これらを入手するには、

・税務署にもらいに行く(勤務先近くの税務署でもよい)
・税務署に切手を貼付した封筒を送り、郵送してもらう
・国税庁HPの確定申告書等と明細書・計算明細書等 からダウンロードする
・国税庁HPの確定申告書等作成コーナーで申告書を作成する

などの方法があります。

●自分で用意する書類

申告書に添付して提出する書類は、自分で用意します。これらが手元にないと、記入できない箇所もありますので、作成前に準備しましょう。なお、次のいずれのケースに該当するのかにより、必要な書類は若干異なります。それぞれに必要な書類は、タックスアンサーにも記載がありますので、確認しておきましょう。

■手続きが終わった後は?

確定申告するとどうなるの?

税金が還ってきます。確定申告の約1ヶ月後に、指定した金融機関の口座に振り込まれます。

一度確定申告してしまえば、翌年からは年末調整の対象になります

一度税務署に「住宅ローン控除」の対象になる方だと認められれば、後は簡易な年末調整でいいよ、ということなのでしょう

 翌年以降は、確定申告後、10月下旬頃に税務署から送られてくる「年末調整のための住宅借入金等控除証明書」と、金融機関から送られてくる「残高証明書」を、年末調整の際に会社に提出します。

■参考リンク

1