1. まとめトップ

センター試験の国語・現代文が毎年ひどい件

「スピンスピンスピン」「あははははははは・・・・」毎年話題になるセンター試験の国語、現代文。一体なぜいつもいつもこんな変わった文章が取り上げられるのでしょうか?

更新日: 2019年01月20日

6 お気に入り 90121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今年もセンター試験の季節がやってきた。

毎年話題になるのが、国語の現代文

2015年はツイッターについて論じた評論が話題に。

2014年は突然登場人物が「あはははははは」

2013年は意味不明な呪文「スピン スピン スピン」

2012年は女の子が玉虫と受験生の心を踏みつぶした

私「ん?おっ、俺のレインコートの胸んとこにたま虫止まってんじゃん!」

彼女「…」バシッ(たま虫を指先ではじき殺す)
私「あっ…!」

私「…おい!たま虫だぞ!!」(死骸を拾おうとする)
彼女「…」ダンッ(それよりも早く草履で踏みにじる)

彼女「このレインコートの色ね。」ニコッ
私「…この色嫌いだったの?」
彼女「あら、ちっともそんなことありませんわ。たま虫って美しい虫ですもの。」ニコッ
私「でも、おまえ踏み潰したよね。」
彼女「だってあなたの胸のところに虫がついてたんですもの。」ニコッ

私「…」
彼女「空が晴れてて幸せ(はーと)」

すみません意味が分かりません・・・。

なんでこんなに毎年ひどいの?

実はセンター現代文は、問題文自体の難易度では
そこらの大学の2次試験の現代文並み、あるいはそれ以上の難易度の高さなのです。

実はとってもレベルが高かった!

センター試験はその特性上全問マーク客観式問題であることを強いられるので、
出題者は問題の難易度を上げるために、硬くて読みづらい文章を問題文として採用するからです。

読みにくく意味が取りづらいのは、レベルを上げるためだと分析する声も・・・。

センター試験の国語は、当面の間こんな感じってこと・・・?

1