1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

関ジャニ横山&大倉が高卒認定合格!実践した鶴の恩返し勉強法とテスト直前対策って?

関ジャニ∞の横山裕さん(33)と大倉忠義さん(29)がともに高卒認定試験に見事合格したことがわかりました。彼らも番組内で実践していた茂木先生の提唱する鶴の恩返し勉強法とオリラジあっちゃんが伝授するテスト直前対策についてまとめてみました。

更新日: 2015年01月18日

973 お気に入り 191985 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

betanagi1221さん

関ジャニ∞大倉&横山が高卒認定試験合格!

人気アイドルグループ・関ジャニ∞の横山裕(33)と大倉忠義(29)が昨年11月に受験していた卒業程度認定試験(高認)に合格したことが17日、わかった。

高卒認定試験は高校を卒業していない者が、高校卒業と同等の学力があるかどうかを認定するための試験。合格すると大学、短大、専門学校の受験資格が与えられる。

テレビ朝日系『関ジャニの仕分け∞』の企画が発端

今回の受験に関しては、テレビ朝日系『関ジャニの仕分け∞』(毎週土曜 後7:54)の企画が発端。中卒アイドルの横山&大倉が「高卒認定試験合格出来るか」を仕分け

2人は11月に受験。国語・数学・英語・世界史A・日本史A・現代社会・科学と人間生活・地学の8科目全てに合格しなければならないため、試験の2ヶ月前の9月に、家庭教師を付け勉強をスタートさせた。

多忙なスケジュールを縫って、早朝や深夜にテレビ朝日にほぼ毎日通い、プロの家庭教師の指導を受け、猛勉強。試験前日の2014年11月7日までの2カ月間で2人の勉強時間は横山が231時間、大倉が81時間、合計で312時間にものぼった。

番組内で1科目ずつの勉強の様子と合否を順に発表。1つでも落とせば不合格となるため2人は固唾を飲んで結果を聞いていた。

見事全ての合格が発表されると、飛び上がるように喜ぶ大倉と、信じられないという表情を浮かべる横山。横山は「2ヶ月間ホンマにめっちゃ頑張った。頑張ったら裏切らへんなというのをみんなに教えられたのがうれしい」と歓喜の言葉を漏らした。

2人を支援するためのオリラジあっちゃんと脳科学者の茂木健一郎さんが特別講師に!

バラエティ番組のMCなどで幅広く活躍する脳科学者。
脳と心の関係を研究するとともに、脳科学についての一般向けの解説書を多数執筆。

2人を支援するため、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さん、脳科学者の茂木健一郎さんが特別授業を開講。

茂木は2人が苦手とする暗記科目の克服法を、中田は“受験あるある”をレクチャーし、試験当日パニックにならないよう受験の心構えを伝授。

茂木健一郎さんが伝授したのは『鶴の恩返し勉強法』

勉強法のコツは、なりふり構わず声を張り上げ、体全体で行うこと。その姿はとても人には見せられない。その姿が鶴の恩返しに似ていることから名付けた勉強法。

▼そのやり方は?

1.まず教科書を見ます。一時的に脳に記憶させたら教科書を閉じる。
2.すぐにさきほど覚えたことを声に出しながら、ノートに書いていく。
3.あとはこれを繰り返すだけ。

長い記憶に関わる脳の部位は、見たり、聞いたりという五感をつかさどる部分と近い場所にある

▼脳をフル稼働させた記憶術

長期記憶を入れておく側頭連合野(そくとうれんごうや)は、見たり聞いたり触れたりという五感を司る部分

自分の声を聞き、自分の手で書くことで側頭連合野は活性化され、長期記憶が定着しやすくなる。

大事なポイントは、書き写す時にテキストを一旦伏せ、その言葉を思い出しながら書くこと。これによって、「これを覚えろ」という信号が脳に出る。すると、情報は記憶されやすくなる。

オリラジあっちゃんが伝授したのは「試験の直前対策」

オリエンタルラジオ:ボケ担当
慶應義塾大学卒で高学歴芸人としても有名。
アメトークなどでも勉強法を伝授している。

オリラジのあっちゃんは「苦手分野だけ集めた復習ノートを作る」

テスト直前に、机やカバンからいろいろな参考書をひっぱりだしてみるのではなく、自分の苦手・間違った問題だけを集めて書きだしたオリジナルノートを作り、テスト直前に確認すると良いと伝授。

1 2