1. まとめトップ

ある場所をカイロで温めるだけで風邪が治るってホント?!

ゾクゾクっと悪寒が走って、「あれ?風邪ひいたかな?」っていう時、ありますよね。そんな時にすぐ対策を取っていれば、風邪をひいてしまう前に、風邪を撃退できる方法があるんです。

更新日: 2018年11月11日

23 お気に入り 96316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

angelkissesさん

カイロを貼るだけで風邪を治すツボ

東洋医学では、『風の邪気』が背中の『風門』というツボから体内に入り、首の『風池(ふうち)』にたまって、次に後頭部の『風府(ふうふ)』に集まってこじらせる、と考えられています。これらは『風邪の三大特効ツボ』と言われています。

なんだか風邪気味かもと感じたときに風門にカイロを貼ってみましょう。こうすることで風邪の悪化を防ぐことができます。ただし、頭がズキズキしているときは貼らないほうが良いので注意です。

風門とは

風門の位置は、首を前に曲げた時に出る椎骨があります。そこから指2~3本下、さらに指2本外側にあります。

肩甲骨上部の内側にあるので、そこにカイロを貼り温め、ふうじゃが入ってくるのを防ぎます。

このツボを温めるだけで免疫力がアップし、風邪の様々な症状(喉の痛み、頭痛、熱鼻づまり、咳など)に効くのです。特に風邪をひきそうな時、ゾクゾクっとした風邪の前ぶれ、喉の痛みには驚くほど効果テキメンです。

その他、風邪のひき始めに温めると効果的な場所

①両腕を下げて、肘の高さあたりの腰

②へその下あたり

③足首の内側

以上の3ヶ所をあたためると、心地よいポカポカがカラダ全体を包んでくれます。

体が冷えている時には、むやみやたらと温めるよりも、これらのポイントを温めると効果的ですね。

首回りは絶対に冷やさない!

上記にご紹介したツボの周りは、常日頃から絶対冷やさないようにするのがいいでしょう。

余裕があれば、風池&風府をマッサージ

「池」とは「たまる」という意味。つまり、風邪の邪気がたまる場所です。頭の血行がよくなり、頭痛や頭重感、首のこり、微熱、体のだるさ、めまいなどの症状を和らげる特効ツボです。

風邪がさらに進行すると、邪気がこの風府に集まると言われています。こじらせないためには、風府で邪気を食い止めるようにします。
特に、鼻水、鼻づまりの特効ツボでもあります。

1