1. まとめトップ

人間には本来自分で病気を治す力(免疫力)が備わっているのですが、現代のストレス社会、 大気汚染、添加物食品等のため、免疫力が大変弱まっています。

今最も注目されているのが『フコイダン』

フコイダンとは、ワカメやコンブ、メカブなどの海藻類のヌメリ成分に多く含まれる天然成分で粘質多糖類の一種です。
1913年にスウェーデンの学者Kylinによって発見され、「フコイダン」と名付けられました。
このヌメリ成分は、海藻が砂などで傷ついてしまった部分を修復したり、引き潮の時に体が乾燥するのを防いだりする、海藻にとっては大切な成分であり、特にモズクに多く含まれている事がわかっています。

自然治癒力を正常化させる天然成分

本体を汚れや細菌、ウイルスから守ってくれる成分で、様々な研究が進められる中、人間の防衛機能を回復して免疫力を正常化させるほか、血液凝固抑制作用をはじめ抗腫瘍、血液上昇抑制、中性脂肪抑制、抗アレルギー、肝機能向上作用など、現代人の健康に欠かせない機能が学術的に明らかにされており、本来、人間に備わっている自然治癒力を正常化する効能が明らかになりました。
代替医療界で最も注目されている天然成分で、化粧品・トイレタリー製品にも利用されています。
最近ではテレビ番組や雑誌などでも取り上げられたりと一般の方にも認知される事となりました。

フコイダンの歴史

・1913年、スウェーデンの学者kylinによって発見
・褐藻類のフコイダンは、フコース・キシロース・ガラクトース・ウロン酸等(褐藻によってはマンノースも含む) で構成
・1996年、第55回日本癌学会において、フコイダンにはがん細胞に選択的に働きかけて自然死に導く(アポトーシ ス)作用を持つことが発表されて、一躍脚光を浴びる

※がん細胞の遺伝子に働きかけて分裂・増殖をストップさせ自然に死んでしまう

アポトーシスを誘導させる作用

フコイダンは、がん細胞に、アポトーシス(細胞死滅)を誘導させるさようがあって、がん 細胞を死に追い込むわけです。 また、フコイダンは免疫力を高め、生活習慣病(成人病)の元凶である、活性酸素の攻撃を 抑制するなどいろいろな効果があります。 例えば、日本一の長寿県としてよく知られている沖縄県では、モズク、コンブ、ワカメなど の海藻類を毎日のように食卓に出します。 海からとれる海藻類には、ビタミンやミネラルの含有量が多く、今注目を集めている、フコ イダンも多く含まれています。
特に沖縄県は全国でも、消化器系のがん発生率が最も低い他、生活習慣病(成人病)にかか る人も他県と比べて少ないというデータが報告されています。

がん細胞だけをアポトーシスさせる

がん化した細胞というのは、正常細胞がいずれかの要因で変異したものです。 つまり、食生活の変化やストレスなどで、免疫力が低下し、そこに発がん物質が働いてがん 細胞に育ってゆくのです。 がん細胞ははじめに出来た部位から離れ、近くのリンパ節や血管を通って体中のあらゆると ころに遠征してゆきます。そこで根をはって、新しい病巣をつくります。これががんの転移 です。 フコイダンは、がん細胞だけを死滅させてしまう働き(アポトーシス)があるということが いろいろな研究機関による実験データによって、明らかにされつつあります。 日本がん学会では、1996年以来毎年のように、フコイダンを使った実験を繰り返し行い、 その結果報告を大々的に行っていることでも期待の大きさがわかるというものです。 また、フコイダンは、がん細胞を正常な細胞に変化させてゆく働きがあるという専門家の報告 もあります。

海藻のヌルヌル成分が有効

特に、ヨウ素が多く、日本人が甲状腺ホルモンの主要な成分となる、ヨウ素不足 にならないのも海藻を摂っているからなのです。 海藻の中でも、渇藻類に含まれる食物繊維の多糖類が人体にも有効に作用することがわかっ てきました。 多糖類というのは、グルコースやフコースなどの単糖類が数珠つなぎに結合したもので、 ヌルヌル成分も、そうした多糖類の特徴です。 そして、その多糖類の代表格の成分が、フコイダンなのです。 いわゆるフコイダンは、高分子の多糖類で硫酸其を多く含むのが特徴です。 海藻を傷つけた場合、その傷口の防御や乾燥から身を守り、組織を柔軟に維持する役目を しています。 含有量が一番多いのが沖縄モズクで、ワカメでは、葉の部分でなく根っこの芽カブ(胞子葉) に多く含まれています。

『フコイダン』期待される効果

コレステロール低減作用

体重増加抑制、血清コレステロール低減、血清中性脂肪低減作用

花粉症・アトピーなどのアレルギー緩和作用

抗アレルギー作用について

体重増加抑制

体重増加抑制、血清コレステロール低減、血清中性脂肪低減作用

1 2





yiisariさん

このまとめに参加する