フコイダンの歴史

出典フコイダンとは

・1913年、スウェーデンの学者kylinによって発見
・褐藻類のフコイダンは、フコース・キシロース・ガラクトース・ウロン酸等(褐藻によってはマンノースも含む) で構成
・1996年、第55回日本癌学会において、フコイダンにはがん細胞に選択的に働きかけて自然死に導く(アポトーシ ス)作用を持つことが発表されて、一躍脚光を浴びる

※がん細胞の遺伝子に働きかけて分裂・増殖をストップさせ自然に死んでしまう

前へ 次へ