1. まとめトップ
44 お気に入り 118602 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pontaspontasさん

ペットと暮らす家はハウスメーカーも取り組んでいる

一緒に暮らすペットは家族同然であり、大切な存在です。
一緒に暮らしていく上でペットたちにも幸せに、安全に、健康で暮らしていける家を作りましょう。

ワンコとの暮らし

犬と暮らすことを考えた場合、やはり「あったらいいな」を充実させることで人とペットとの生活が非常に楽になります。
大型犬も家の中で人と暮らすようになった現代での悩みも沢山出てきましたが、その中でもあったらいいな!のおすすめをまとめました。

お散歩ではしゃいで泥んこになって帰ってくるワンコ。
可愛い姿でコロコロはしゃぎまわって、走り回って愛くるしいのですが泥だらけでは家の中に入れることができません。
お風呂場に行くまでに抱っこしていたワンコが暴れて降りて、家の中が泥だらけに?!という状態を防ぐために設けられたのが、屋外シャワー。
これは非常に便利です!
また、家庭菜園などもしていると更に便利で使い勝手がよくいろんなことに使用できます。

立錐船の高さや、シャワーの種類など色々ありますので一緒に住んでいるワンコにあったタイプを選んでみてください。

ベランダに柵を設けていつでも外に出ることができるようにしている間取り設計の場合に、役に立つアイテムです。
せっかくペットと暮らすことを目的とした家を建てるのであれば、庭に柵を立て脱走防止をしっかりとした小さなドックランのような形を作るとワンちゃんも自由に出入りできる外とのつながりを楽しめます。

ニオイも気になるトイレ事情。
失敗してしまうことも多々あるトイレ。
そこで、家を設計する際にトイレのスペースをしっかりと確保することをおすすめします。

できれば、土間のような場所のほうが水洗いもできますので勝手口のような場所をトイレ用に作ってしまうと便利です。
もしくは、勝手口自体を広く取ることでトイレも兼用できるようにする。
贅沢を言えば、犬用ゲージ・猫用ゲージを慌てて用意しなくてもいいように小さな部屋を作ってあげることでトイレスペースも確保すると、急な来客でペットたちにちょっと閉じこもってて欲しい場合にバタバタをせず非常に楽です。
また、ペットたちも慣れた場所なのでストレスが溜まることなく大人しく待ってくれます。

部屋自体は1.5畳から2畳くらいあれば十分です。
細長く作ってしまえば間取りにも影響はありませんし、ちょっとした隙間が必ず出てきますので底を利用する手はありません。
狭い部屋でも、だだっ広い部屋より動物たちは狭い場所を好みますので作ってあげると喜ぶでしょう。
家を換気する際にもペットゲージを何個も用意する必要もなくトイレも完備していれば病気療養のときも非常に助かります。

意外とかさばるペットシートや、ドライフードのストック。色々纏め買いしたほうが安いのでどっさり購入する方も多いのではないでしょうか?
こんな時は収納スペースに困ってしまうのですが、せっかくの注文住宅ならば、収納スペースも考えると後々困ることもなく便利です。

ワンコをお風呂で洗った後にびしょびしょのまま脱走する。
「あぁっ!orz」と感じる瞬間でしょうか。
お風呂で洗ったワンコをごしごし拭いた後に乾かすためにリビングに移動。
それすらもやっぱり乾ききっていないので、あちこち濡れてしまいませんか?
なので、洗面所にドライヤー等設置できるスペースを設けると最高に便利です!
そもそも洗面所を広く取ってしまえば部屋干しスペースを確保できます。

部屋干しには天井から吊り下げタイプの物干し竿を採用すれば、必要のないときはしまうことも可能ですし、リビングに洗濯物が大量にあるときに限って急なお客様が!!と慌てることもありません。
洗面所は意外と大きく取るほうが(3畳くらいは)非常に便利です。
何より塗れてもOK!な材質で作られた床材や壁紙が多いので、その点も安心ですね。

人口芝生を敷き詰め、ワンコの肉球にも優しい状態にして走り回れるように柵も設置する。
ちょっとした庭が一瞬でドッグランに変身!

ご近所とのお付き合いもありますが、近所迷惑にならない程度に日中のドッグラン使用ならば問題ないと思いますが、ワンコと人との共存には配慮して使用するとワンコにはいつでも散歩ができる最高の庭が手に入ったことになります。
日ごろの運動不足、人間も走りますか(笑)

人工芝を敷き詰めワンコの足を保護。
落ちないようにフェンスも高めに設定して、遊びまわれる空間を演出

お庭にドックランが難しい場合は、屋上という手があります。
屋上を作ると防水の塗り替えが10年ごとに必要など色々メンテナンスは増えますが、庭が狭く暗い場合や、洗濯物を干すスペースが確保できない場合等は非常に便利な空間です。
屋上に洗濯物を干す場合や、ドッグランを作る場合は屋上のすぐ下の階に洗面所やお風呂場を設けると生活銅線も楽になります。

ここまで来たら豪邸ですね(笑)
今はワンちゃん用の犬小屋も同時注文なさる方がいらっしゃいます。
人間が住む家のミニバージョン仕様の概観で、家を作るときに出た端材などで仕上げていくような感じです。
わんちゃんも新築がいいよね!

大型犬ともなれば犬小屋も巨大になります。
外に作る場合にはそのスペースの確保を忘れず、ご近所に近すぎてトラブルを招かないように配慮することを忘れないようにしましょう。
トラブルを起しても、夫婦喧嘩は犬も食わないというくらいですからお互いに距離感を保ちつつワンコにベストな暮らしを提案してあげるといいですね!

出典ameblo.jp

ワンコは必ずしもお風呂が大好きとは限りません。
大嫌いなワンコもやはりいます。
人間のお風呂で洗うとなると、しゃがみこんで自分もびしょぬれになりながら洗うことが多いのではないでしょうか?

スペースもそこまで大きくなく設置できるのが、犬用バスルームです。
基本的に小さめなので大型犬は難しいですが、愛犬サイズであれば十分にちゃぷちゃぷ洗ってあげられます。
お風呂が嫌いならサッサと終わらせてあげないとかわいそうなので、洗面所にわんちゃん用のバスルームを設置するというのは意外と生活する上で便利だと思います。

自分でトリミングをしたい!という飼い主さん限定だと思いますが、意外と多いご注文でトリミング台とドライヤーの代をバスルーム近くの部屋に設置される方が増えました。
基本的には乾かすためが目的ですが、多頭飼いの方には非常に喜ばれる提案です。
結果的に洗面所が広くなってしまう仕様が多いですが、濡れても大丈夫な部屋というのは掃除も楽にできるので魅力的なポイントです。

ねこと暮らす家が掲載が少ない!キャットウォークを作りたい!

壁に設置したキャットウォーク。
位置が変えられるのがポイントですね。

1 2