1. まとめトップ

KDDIがありそうで無かったガラケー+スマホ、「ガラホ」を正式に発表

プラン料金もガラケーとスマホの間に...ならないですよね。

更新日: 2015年01月19日

0 お気に入り 3942 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ahoida-01さん

KDDIは19日、2015年春に発売および開始する予定の新モデル、au向け高速通信サービス「4G LTE」対応Androidスマートフォンの新モデルとして折りたたみ型「AQUOS K SHF31」(京セラ製)を発表しています。

3.4インチの液晶を搭載。ガラケーとして人気の折りたたみ式でテンキーも備わっている。赤外線通信、ワンセグ、おサイフケータイなども搭載。

液晶部分はタッチパネルにはなっておらず、すべてテンキーで操作する。

ただし、テンキー部分がタッチパネルのようなセンサーになっており、画像の拡大縮小などは、テンキー部分をスマホの画面のように触ると操作できる。

そのため、Web閲覧とカメラに関しては、ちょっと独特な操作体系となっているので注意が必要だ。

OS

使っているOSはAndroi4.4となる。チップセットもクアッドコアCPUとなっており、サクサクと使える。

AQUOS Kスタート割

AQUOS Kは新料金プラン「カケホとデジラ」または「LTEプラン」が利用でき、発売に合わせて、AQUOS Kを購入した人を対象に最大4年間、利用料金から1,000円(税抜)を割り引く「AQUOS Kスタート割」を実施します。

Google Playには対応していない

Google Playには対応しておらず、スマホ向けのアプリはそのまま利用することはできない。

アプリ開発者側がAQUOS K向けにカスタマイズし、auと調整すればアプリを配信できる環境にはなっている。

対応サービス・機能あり

4G LTE
受信時最大速度150Mbps
ボイスパーティ
Eメール(@ezweb.ne.jp)
SMS
ワンセグ
Wi-Fi(R) テザリング(最大接続数 10台)
グローバルパスポート(GSM/UMTS)
Bluetooth(R)(ver.4.0)
Wi-Fi(R)(IEEE 802.11 b/g/n)
緊急速報メール
おサイフケータイ(R)
赤外線
防水

対応サービス・機能なし

キャリアアグリゲーション
WiMAX 2+
VoLTE
シンクコール
ボイスパーティ
フルセグ
NFC(情報取得/リンク)
防塵
耐衝激

1