1. まとめトップ

日本の非常識は世界の常識?!|ランドセルの世界進出!!

日本人のほとんどか小学生の頃にお世話になるランドセル。丈夫で長持ちし、川で溺れている人を見つけたらランドセルを投げ入れなさいと教えられたランドセル。世界ではこのランドセルが大人のツールとして使用され始めています。

更新日: 2018年07月20日

7 お気に入り 68425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

friend-rさん

▼知っておきたいランドセルの豆知識

江戸時代(幕末)に、幕府が洋式軍隊制度を導入する時、もちものを収納するために、オランダからもたらされたバックパックを利用したのがランドセルの発祥とされます。

オランダ語 ransel (「ランセル」 または 「ランゼル」) の転訛といわれる。嘉永三年(一八五〇)に高野長英が「衣服及び諸物を貯ふる」ものとして「担筪(ラントスル)」を紹介している。

語源は、オランダ語が訛ったというのが最有力です。

明治時代以降の本格的な洋式軍隊となった陸軍においても、歩兵などに対して革製のバックパックが採用されていました。

学用カバンとして利用されるようになったのは明治中期頃と言われています。

大正天皇が皇太子の頃、学習院へのご入学が決まり献上されたのが「ランドセル」でした。

献上したのが伊藤博文さんだったというから更に驚きです

それがきっかけで世間に徐々に浸透して今のような形になったとされています。

ランドセルが全国に普及したのは昭和30年代以降、高度経済成長期を迎えた頃からと言われる。

今から約50年前

▼ファッションとしてのランドセル

ランドセル等も「小学生のモノ」と言う意識がありますが、そこを度外視すれば使い続けられる機能を持ち合わせてるグッズです

確かに、ランドセルは小学生が使うものという認識は日本人だけなのかもしれません。

■日本国内でのファッションとしての広がり

1982年に戸川純は、自らのライブステージに紺色のプリーツの吊りスカートに赤いランドセルという姿で現われ一世を風靡した。

1997年ごろに、タレントの篠原ともえが、ランドセルをファッションとして採り入れ、彼女のスタイリングが一部の若者に受け入れられた。

当時は、都内の有名大学でもランドセルで通学する女子大生が出現した。

■海外でのファッションとしての広がり

2014年3月頃、アメリカの女優ズーイー・デシャネルが赤いランドセルを背負った写真が出回り、若い人たちの間でもランドセルを身に着けることがブームとなりつつある。

他にも日本のアニメを見てる世界中の人達がランドセルの魅力に気付き始めたからとも言われてる

1 2