1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「悪質な自転車乗り」への講習が義務化へ!ネットでは”まだ甘い”との声も

2回以上の摘発で自転車への講習が義務化されました。信号無視や、スマホのながら運転などの危険運転も対象となるようです。最近では自転車が原因の死亡事故も増えているようです。効果に期待!

更新日: 2015年01月21日

70 お気に入り 60823 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ 自転車の安全講習の義務化が閣議決定されました

悪質な自転車運転者に対し、安全講習の義務化を盛り込んだ改正道交法の施行令が20日、閣議決定された。

信号無視や酒酔い運転、ブレーキのない自転車の運転など14項目に関して「危険行為」と定め、3年以内に2回以上違反し、摘発された悪質運転者に対し、安全講習を義務化します。

警察庁によりますと、違反をした運転者が2回以上、交通違反切符を交付された場合、講習を受けなければいけないということです。

▼ 14項目のうち、聞き覚えのない項目を調べてみました

・ 通行禁止違反

車両通行止めや自転車通行止めなどに違反した場合、一方通行を逆走した場合。

2.通行禁止違反 ・車両通行止めの道路を通行する ・歩行者用道路を通行する ・一方通行道路を逆走する (いずれも自転車が規制から除外されている場合を除く) ・自転車通行止めの道路を通行する

・ 歩道での徐行違反

歩道は歩行者優先です。自転車が歩道を通行するときは、車道寄りの部分を徐行(すぐに止まれる速度で通行すること)しなければなりません。

自転車が通行可能な歩行者用道路を通る場合には、常に徐行をしなければならない。

・ 通行区分違反

自転車は、道路の中央から左の部分に設けられた路側帯を走行することができます。しかし、歩行者の通行に大きな妨げとなるところや白の二本線表示の路側帯は通れません。

・ 一時停止違反

自転車は、道路交通法上は「軽車両」となっています。違反をすると罰則が科せられる場合があります。

※一時停止の標識や標示のある場所では、自転車も必ず一時停止をしなければなりません。

おっ、一時停止違反も自転車入るのね。ようやく 車輛色が強くなってきたな。今迄は、なんちゃって歩行者 だったものね。

・ ブレーキのない自転車運転

市販されているものにはブレーキが備えられていますが、競技用ピストバイクに似せるため、購入後に自らブレーキを取り外して運転するケースが全国的に増えています。

▼ 違反者講習までの流れ

危険行為をした運転者はまず警察官から指導・警告を受け、従わない場合には交通違反切符を交付される。

1 2