1. まとめトップ

小額短期保険とは、いわゆるミニ保険のこと。小額短期保険会社というミニ保険会社がユニークな保険を販売している。

こんな保険もあるの?

たとえばチケットガード小額短期保険会社が発売しているのは、急用や病気でせっかくにチケットが使えなくなったときに、保険金が支払われるという保険!

契約件数が多いのは賃貸系の保険

賃貸系の保険とは火災保険やオーナー向けの保険、火災を出して隣人に迷惑をかけたときの賠償責任保険などで、小額短期保険全体の契約件数の約9割にも相当する。

小額短期保険の何が魅力?

小額短期保険の魅力とはまず掛け捨ての保険しかなく、保険料が安くてすむこと。
次に保険がシンプルなものが多いので、非常にわかりやすいものがおおいこと。
さらに、一年契約が基本なので、毎年保険内容を見直せるというメリットもある。

でも会社の経営とか、大丈夫なの??

小額短期保険会社は保険金の大きなものは引き受けられず、また資産運用も国債のみと限定されているなど、さまざまな制約が課されているため、潰れることは少ない。支払い余力も十分に確保されていることがほとんど!

資本金の額は1000万円以上。

保険会社は資本金額が10億円以上であることを考えるとかなり小規模である。

ニッチな層を狙うことで、マーケットを確保しているのだそう

1





takuyayaさん

このまとめに参加する