1. まとめトップ

【衝撃】知っておかないと危険!ドリアンと一緒にビールを飲むと死ぬって本当?

ドリアンとビールの組み合わせはかなり危険です。東南アジアへ海外旅行にいく日本人は増えていますが。この食べ合わせが危険ということを知らない人が多いのでぜひ読んでおいてください。

更新日: 2017年02月19日

2 お気に入り 82843 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

迷信?それとも…?

「果実の王様」「悪魔の果物」「禁断の果物」と、数々の異名を誇るのも王様のフルーツならでは。原産地はマレーシア・インドネシア(ボルネオ島)で、今でも世界のフルーツ王国と言われる東南アジアにしかない希少で不思議な果物。

原産地は東南アジアのマレー半島。 果実は強い甘味を持ち、栄養豊富(特にビタミンB1を多く含有)なため、国王が精力増強に食していた。ゆえに王様の果実と呼ばれていたが今日では果物の王様と呼ばれている。

強打する奴らは死ねとは言わないけど有無を言わずドリアンとビールを食わせたい

危険な組み合わせ! ドリアンとビールの組み合わせは最悪、死んでしまうことがあります!ドリアンの成分がアルコールと胃酸で異常な発酵し、胃が破裂することもあるようです!! 気をつけてください!!

ドリアンを食べている時に、ビールを飲んだら、死ぬことがある。 (ドリアンに含まれている成分が胃酸とアルコールと反応して異常発酵し、胃が破裂することがある。)

ドリアンを食べている時に、ビールを飲んだら、死ぬことがある。 ドリアンに含まれている成分が胃酸とアルコールと反応して異常発酵して、胃が破裂することがあります。 原産国のマレーシアではあの臭さのため、ほとんどのホテルが持込を禁止している。

鰻と梅干が食べ合わせ悪いのは迷信だがドリアンとビール(アルコール物は)ガチで危ない

果たして本当に死ぬのか?

東南アジアでは、ドリアンとビールは最悪の食い合わせと言い伝えられている。胃の中でドリアンとビールが化学反応を起こし、最悪、死に至る可能性があるのだとか……。

練り石鹸みたいな粘り気のある果肉の下がりが悪く、ビールが体内で発酵することがあるらしい。胃の中でドリアンが発酵して胃が膨張する。

果たして本当なのか?

東南アジアではドリアンを食べるとき飲酒すると死に繋がると信じられている。古くは18世紀に書かれた文献にも登場する。腹内での異常発酵によるガス説

高カロリーのドリアンとアルコールによる急激な高血糖説など様々な俗説がある。これまでにドリアンと飲酒による因果関係が証明された死亡事故は報告されていない。

しかし、東南アジアではビールを飲んであとにドリアンを食べてはいけないのは常識です。

実際にドリアンと生ビールを一緒に食べたひとのはなしだと、どんどん身体が熱くなっていくそうです。生きていますができれば避けたい組み合わせですね。

1