1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イスラム国が人質に「オレンジ色」の服を着せる理由は何?

イスラム国に日本人2人が人質となった。身代金として約240億円を要求している。ところで、イスラム国のこうした映像では、人質は皆オレンジ色の服を着ている。これは何の意味があるんでしょう?

更新日: 2018年08月01日

101 お気に入り 1721654 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

■イスラム武装組織「イスラム国」が日本人2人の殺害予告ビデオを公開し、身代金を要求

イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」とみられるグループが20日、72時間以内に身代金2億ドル(約235億円)を支払わなければ日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明をネット上で公開した

日本人とみられる拘束中の男性2人が写り、日本政府は仙台市出身のフリージャーナリスト後藤健二さん(47)と、民間軍事会社経営者とされる湯川遥菜さん(42)の可能性があるとして確認を急いでいる

・脅迫の理由は日本が「イスラム国対策」に支援を決めた事

脅迫の背景には、中東訪問中の安倍首相がエジプト・カイロの演説で「イスラム国」対策としてイラクやレバノンなどに2億㌦を支援すると発表したことがある

身代金と同額。

「(日本は)イスラム国から8500キロも離れていながら、自発的に十字軍に参加した」と欧米の対イスラム国政策への協力を批判した

声明では「日本国民に告ぐ。おまえたちの政府はイスラム国と戦うのに2億ドル支払うという愚かな決定をした」と身代金の根拠を述べた

■今までも多数の人質が捕らえられ、何名か映像に出ていた

昨年11月時点までに少なくとも13カ国、20人以上の民間外国人がイスラム国に拘束されたとみられている

■映像を見ていて気付くこと、人質は皆「オレンジ色」の服を着せられている

過激組織「イスラム国」がインターネットに投稿したとされる動画では、湯川遥菜さんと後藤健二さんとみられる男性2人がオレンジ色の服を着せられ、砂漠で並んでひざまずかせられていた

なんでオレンジ色の服を着せられているのか、ということだった。なにか特別な意味があるのだろうか?

・オレンジ色は元々アメリカの囚人服だった

イラク戦争後、イラクの旧アブグレイブ刑務所では拘束されたイラク人捕虜がオレンジ色の服を着せられていました

グアンタナモ湾収容キャンプの囚人もオレンジ色のつなぎ服を着せられていた

グアンタナモ湾収容キャンプはキューバにある。

アメリカでは目立つようにオレンジ色の囚人服が利用されていますから、その影響といえるでしょう

そこでは米軍関係者が拘束されたイラク人捕虜に対して非人道的取り扱いをしていたとの一部報道もあります

米国では"Orange Is the New Black"というドラマがあるが、ここでいう「オレンジ」は囚人服のことである

・人質にオレンジ色の囚人服を着せる事で立場が逆転したことを表現している

イスラム国は人質にオレンジ色の服を着せることで、立場が逆転していることを示唆しています。あえてそうすることでアメリカを含めた世界に対してアブグレイブやグアンタナモの報復を示唆しているということなのでしょう

・ではアメリカが囚人服を「オレンジ色」にした理由とは?

キリスト教圏では黄色はユダの衣の色と言われ、ヨーロッパ中世の時代に色で階級を表し、犯罪人に黄色、オレンジを着せていたことが由来していると思われます

また脱獄しても自然の中で類にする色が少なく目立つということです

■日本政府は身代金を支払うかは未定

1 2