1. まとめトップ

スイス出身の熊ロードレース選手である。

昔はよく「カンセララ」とか書かれたけど、今は「カンチェラーラ」が一般的。たまーにスイス・ドイツ語かイタリア語の発音に近づけて「ファービアン・カンチェッラーラ」とも書かれるけど、日本人には発音が面倒なので結局「ファビアン・カンチェラーラ」か更に縮めて「カンチェ」。

海外では「スパルタクス」(Spartacus)の異名を持つ。日本では、その異次元な速さ・ガチムチな体格から「化け物」「サクソの白い悪魔」「スペシャに乗った鬼」とか色々言われていたが、2014年時点で取って代わって「宇宙人」というあだ名が定着している。

【電動モーター疑惑】あまりの速さに自転車をレントゲン撮影される

2010年に行われたツール・デ・フランドルのレースの動画。
スタートから200km以上を走ったところから動画は始まる。
先頭はカンチェラーラ(赤色ジャージ)とボーネン(黄色ジャージ)の2名。

カペルミュールという激坂(最大斜度が19.8%)でカンチェラーラがワープする。
(動画2:30~4:00あたり)

【全力でフラグを立てまくる実況】エンターテイナー -前半-

2013年に行われたパリ~ルーベのレースの動画。
圧倒的な強さを誇るカンチェラーラは、他チームの選手から徹底的なマークを避けるために、
頭脳的な戦略で対処する。

ライバル達だけでなく、実況をも惑わすエンターテイナーぶり。

フラグ1「あっ、カンチェラーラだめだ」
フラグ2「動かない」
フラグ3「おかしいですよ」
フラグ4「調子が悪そう」
フラグ5「落車の影響があるんですかね」
フラグ6「あの位置で動かないのは普通ありえない」
フラグ7「一番置かれてはいけない状況に置かれていた」
フラグ8「早く合流しておかないと危険な状況」
フラグ9「石畳で先頭までジャンプするような場所だった」
フラグ10「泳がしているのかと思った」
フラグ11「そんな中でいいんですか?」
フラグ12「これダメですね」
フラグ13「無線いじってますね」
フラグ14「喋ってますよー」
フラグ15「同調しないといけない」
フラグ16「協力してくれない」
フラグ17「ダメそうですね」
フラグ18「一緒にいる選手もう気づいてますから」
フラグ19「みんなパリルーベのタイトルが一気に見えてきた」
フラグ20「数年に一度伏兵が勝つことがあるがその年になりそう」
フラグ21「もうやめるのかな」

【全力でフラグを立てまくる実況】エンターテイナー -後半-

【舐めプ】TTで100mも手前から両手を大きく挙げガッツポーズ!

2009年に行われた世界選手権自転車競技大会 個人タイムトライアルの動画。
コンマ数秒を争うタイムトライアルでゴールの100mも手前から両手を挙げてガッツポーズ。

1