1. まとめトップ

イスラム国日本人人質テロに酷似するマンガ勇午(しかも発表1994年)

イスラム国に日本人が拉致された事件が法外な身代金と共に要求されたが、それと酷似する人質事件を題材にした漫画があった!

更新日: 2015年01月21日

neomaruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1771 view
お気に入り追加

ネットでも勇午の話題・待望論が続出!

これ、多分勇午を連れてきても交渉は不成立だろって。

ISISの話は勇午みないなネゴシエータがいるといいと思うけど、そういう人っているのだろうか?

mixi.at/a1XUN0J イスラム教圏で誘拐事件ときたらこれはもう別府勇午の出番しか無いわけだが、流石に今回の件では勇午も依頼を受ける気にならんだろうとしか思えない(’A`)

この問題を解決できるのはゴルゴ13じゃなくて別府勇午だと思うのね。

いやでも今の状況『勇午』の最初のエピソードみたいとは思ってるよ

勇午が居たら、今シリアに飛んでISISと接触交渉してるんだろうな。

昨今のニュースで、ふと思い出すのがアフタヌーン連載の勇午。 完結してしまいましたが、宗教問題に触れたりと当時よく分からなかったイスラム教について触れてたり、インドのカースト問題に触れたりとかなり興味深い内容でした。 ネゴシエーターとして頭脳のみで渡り歩くその姿は凄いと思いました。

1





釣りと料理と読書が趣味。立ち飲み屋が好き。最近、ブログはじめました。「毎日やってる ねおまるの “公募でヒトカセギ”」http://neomarubetuore.hatenadiary.jp/