1. まとめトップ
  2. ガールズ

海外で人気のボーホーウェディングが自由でオシャレすぎる

Boho(ボーホー)ウェディングって知っていますか?近年、海外で人気沸騰中の新しいウェディングスタイル。火付け役はケイト・モス。これからBohoウェディングをしたいと思っている花嫁、興味のある花嫁の参考集の代わりになればと思い、まとめてみました。画像多めです!

更新日: 2019年04月08日

721 お気に入り 274777 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mamicco_kさん

海外で人気の新しい結婚式スタイルBoho(ボーホー)ウェディング。

Boho(ボーホー)とは?

Boho(ボーホー)とは、「ボヘミアン」とニューヨークの「SoHo(ソーホー)」地区を掛け合わせた造語だそう

ボヘミアンはもともとはボヘミアに住んでる人たちから由来した、伝統や習慣にとらわれない自由奔放なスタイルの意味だそうです。
ソーホー(Soho)はニューヨークのおしゃれな地区。
もともとは芸術館やデザイナーが多くすむ街だったそう。

つまり、Boho Chic(ボーホーシック)を取り入れたウェディングスタイル。

SoHoによくいるタイプのお洒落な女性達が最近しているファッションで、ヒッピー風、レトロ風やエスニックをうまい具合にミックスしたファッションのことを言う

自由に、自分らしく。それがBohoウェディング。

伝統や習慣にこだわらない、感覚を解放させたおふたりだけのオリジナルウェディングスタイル

きっかけはケイト・モス。

ケイト・モス&ジェイミー・ヒンスが2011年7月1日、イギリス・コッウォルズで結婚式を挙げました。

今やトップモデルとしてだけでなく、デザイナーとしても才能を発揮し、着こなしやライフスタイルまでもが世界中の女子の憧れ

この2人のケイトが“今後のウェディングのトレンドを決める”とまで言われ、世界中の注目を集めた結婚式。

スタイリッシュなBohoスタイルに誰もが注目

ケイトがこの人生最良の日に選んだのは、ヴィンテージにインスパイアされたジョン・ガリアーノのノーリスリーブドレス。

ラインストーンとシルバーの刺繍があしらわれた軽やかなドレスは、都会の喧騒を離れた夏の田舎町の式にぴったりのチョイスで、ルースにおろしたヘアメイクとも抜群の相性だった。

360度どこから見てもオシャレで、それでいて肩肘を張らないスタイルにケイトらしさが溢れ出ていました。

さらに2015年の春夏のトレンドは「70年代リバイバル」ファッション!

Bohoウェディングがますます注目されること間違いナシ!

枠にとらわれない、自由でオシャレなウェディング。

海外のBohoウェディングがオシャレすぎる!

▽あなたの目指す花嫁スタイルは?

ボヘミアンなワンピース。くるりと止めただけのヘアスタイルでこのこなれた感!

1 2 3 4