1. まとめトップ

コスパ優秀のワイシャツブランドまとめ。そしてワイシャツの選び方【U1万円魅せるシャツ】

ビジネスシーンにおいて、ワイシャツを美しく着こなすことは重要です。リーズナブルな1万円以下の高品質なワイシャツブランドのまとめと、シャツの選び方。

更新日: 2015年01月26日

matcha_latteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
359 お気に入り 415349 view
お気に入り追加

スーツを美しく引き立てるシャツはスタイル全体の印象を決定づけてしまうほどの影響力

シャツは着こなし全体の印象を決定づけると言っても過言ではないので、細部のディテールへのこだわり、エレガンスを感じさせてくれるというのが必須。つまり「適正価格」、コストパフォーマンスに優れたシャツを選ぶべきなのです。

男のお洒落ここに極まる

日本でいう「ワイシャツ」のことを、英語で「ドレスシャツ」といいます。
ドレスシャツとはシャツの総称で、さまざまな色・襟型・カフス型のシャツがふくまれます。
ちなみに、ワイシャツとはWhite Shirts(ホワイトシャツ)がなまったもので、明治時代以降に和製英語として定着しました。

CAMICIANISTA(カミチャニスタ)

質・価格ともに、とても良いバランスがとれています。良心的な価格にも関わらず、イタリアンクラシックのスタンダードにこだわったシルエット、上質な素材選び、そして適度な作りの良さなど、シャツとしてデザインも完璧です

Maker's Shirt KAMAKURA(鎌倉シャツ)

圧倒的な商品力で、神奈川県鎌倉市の地域店舗から全国ブランドへと急成長したのが、メーカーズシャツ鎌倉だ。「高級感がある店内で、実際にシャツを手に取ってみると低価格」このうれしい驚きが顧客を呼び続け、積極的な新規出店を続けている。

SCHIATTI(スキャッティ)

ドレスシャツをはじめ、カジュアルシャツまで、メンズシャツを中心に多種多様なラインで展開されています。
クラシックでオリジナリティのあるスタイルと、丁寧につくり上げられた高い品質で、スキャッティのシャツは業界内でも高く評価されるようになりました。現在の一般的なファッションの原型は1900年代に確立されたものですが、時代を越えて、普遍的な価値を持ち続けている「クラシックスタイル」は、今もなお、スキャッティ・オーク社の「コンセプト」として在り続けています。

AZABU THE CUSTOM SHIRT(麻布・ザ・カスタムシャツ)

高品質のオーダースーツ・シャツ作りが長くに渡り人気を誇る、麻布テーラーがより手頃な価格で展開するブランド「AZABU THE CUSTOM SHIRT」
肌触りや着心地を重視した綿100%の天然素材にこだわり、チョットした差別化をポイントに、ドレスシャツからビジカジスタイルを構築しています

THE SUIT COMPANY & UNIVERSAL LANGUAGE

店舗数が多いスーツカンパニーで手軽に買える、値段と手間のバランスは驚異的である「アントニオ・ラベルダ」
元ギローバーのデザイナーが手掛けるトラディショナルテイストを基盤に、色使いや遊び心のあるディテールを散りばめた登場以来話題の品です

土井縫工所

長きにわたり培ってきたシャツ作りのこだわりと思いを惜しみなく注いだ、良質で買い求めやすい価格帯のシャツ「土井縫工所」
すべて「NIPPON MADE(日本製)」です。
永く大切に着て満足を得る「これぞシャツ屋」と言える品を提供しています

1 2 3





matcha_latteさん

まったり初めてみました♪
役に立つまとめが書けたらな、と思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう