1. まとめトップ

シュールで芸術的なレシピ。ダリの料理本が奇妙面白い!

シュールレアリストとして最も人気といっていいサルバドール・ダリ。なんと、料理本を描いていた!盛りつけも発想もダリ節がききまくり!奇妙で破天荒で、美味しいのか美味しくないのかわからないけど、とにかく不思議な美しいメニューと作品群に注目です!

更新日: 2015年07月24日

22 お気に入り 13165 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

サルバドール・ダリの料理本、「ガラの晩餐」1973年

"Les Diners Gale"

ガラとは、ダリの最愛の奥さん。
その奥さんのためのレシピ、というコンセプトだそう。

シュルレアリスムの巨匠、サルヴァドール・ダリによる料理レシピ
集です。

ダリがトゥール・ダルジャン、マキシムなど
一流レストランとの協力で生まれた料理本「ガラの晩餐」。
12章136のレシピと料理写真、ダリのドローイングを掲載。

ダリの過去の作品を引用した挿絵、ダリの作品の用に奇妙にアレンジされた料理の写真で盛りだくさんのこの重量感のある本は、料理をしなく、英語が読めない人にもお勧めしたい一冊である。

盛り付けやテーブルセッティングの写真は「食べられる絵画」そのもので、ダリのパラノイア的な方法の「食べられるもの」「食べられること」への偏執を十分に表しています。

まさしく食べられるシュルレアリムスとして表現
されています。

実用的ではないけれど、眺めて楽しい料理本。

コース料理なども掲載されており、「夢うつつのやわらかい時計」、「君主制の肉」、「わたしが食べるガラ(les “je mange Gala”)」、「ザリガニのピラミッド盛り」などとてもダリらしいネーミング。

クジャクの剥製デコレーション。

「ザリガニのピラミッド盛り」

まるでダリの絵画をそのまま食材で再現したよう。

1 2