1. まとめトップ

米人気ハンバーガー【IN-N-OUT BURGER】誰でも注文出来る裏メニュー(知らないと大損)

アメリカ西海岸では誰もが知っている有名店、西海岸を中心に展開するの激ウマハンバーガーチェーン「インアウトバーガー」。日本では裏メニュー的存在になっているけど、現地人なら誰でも知っている、メニューのまとめ。これを知っていればIN-N-OUT BURGERが300%おいしくなります。

更新日: 2017年02月08日

kozzkozzさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 162301 view
お気に入り追加

IN-N-OUT BURGERって

アメリカ・カリフォルニア州生まれの人気ハンバーガー店「In-N-Out(インアンドアウト)」。西海岸を中心に約290店舗を展開する大規模ファーストフードチェーンながら、「最高にフレッシュでおいしいバーガー」が食べられるお店として地元の人たちから広く愛されている。

すべての店舗が直営店で(つまりフランチャイズではない)、なおかつこの会社は非上場企業だ。つまりファミリー経営にこだわっており、その結果、不特定多数の株主やフランチャイズのオーナーらの意見に左右されることなく、創業者ファミリーの一貫した経営哲学が維持されやすい環境に保たれている。

冷凍食材を使わない(店にフリーザーは存在しない)、電子レンジを置かない、オーダーを受けてから調理し始める!

ポテトも当然のごとく生で、店舗で皮を剥きスライス!
レタスは包丁を使わず、手でちぎる!

メニューは?

In-N-Outのレジに記載されているメニューは基本的に「ダブルダブル(パティとチーズ2枚ずつ)」、「チーズバーガー」、「ハンバーガー」、「フライドポテト」の4種類とドリンクのみだが、実は裏メニューを注文することができる。

何も知らずにこれを見ると、あれ?メニューはこれだけ?と勘違いしてしまう人が多いみたい

注文時に色々なカスタマイズが出来る!

もっとお肉を食べたい!とか裏メニュー的なカスタマイズで食べたい!
IN-N-OUTではスタイルと呼ばれているものもあります。代表的なスタイルやバーガーを紹介!

(一部メニューは「Not So secret Menu」として公式ホームページでも見ることが出来ます)

ダブルバーガーより、もっと大きいのが食べたい!

「3×3(スリー・バイ・スリー)」と注文すればパティ3枚/チーズ3枚のボリュームバーガーを作ってくれる。「4×4(フォー・バイ・フォー)」は肉とチーズが4枚ずつ。また、「3×1」といえば肉3枚にチーズ1枚。

このように「パテ枚数xチーズ枚数」とオーダーして、大きさをアレンジ可能。また「ダブルミート」と注文すれば、パティ2枚/チーズ無しが出てくる。

今は4x4までがオーダー可能。以前は100x100まで注文できたらしい....

Animal Style (アニマルスタイル)

各ハンバーガーにピクルス、炒めた玉ねぎ、追加の特製ソース。
(通常のバーガーにはピクルスが入ってないです)

アニマルスタイルは、すごく人気があります。余談ですが、私自身もいつもアニマルスタイルです...

Veggie Burger (ベジーバーガー)

名前の通り、お肉やチーズが入っていない。レタス、トマト、スプレッド、バンズのみのバーガー。
バーガーとは言い難いベジダリアンやダイエッター向けのバーガー。

Protein Style (プロテインスタイル)

プロテイン(タンパク質)に重点を置き炭水化物は抜きのスタイル。
バンズの代わりにレタスでサンドされています。
プロテインスタイル + アニマルスタイルも可能

プロテインスタイル + アニマルスタイルの追加も人気なので、機会があればお試しを

1 2 3





kozzkozzさん

フランス革命【お菓子を食べればいいじゃない!】
おいしいもの。おしえたいもの。
タメになった事。などをまとめてみてます。
最近、ばたばたでまとめが作れない...○| ̄|_