1. まとめトップ

【風水】【お香】焚く場所によって効果が違う!お香の使い方まとめ

風水では、お香を焚くことによって空間の“気”の流れをリセットすることができると考えられています。お香の効果、活用方法をまとめました。

更新日: 2015年12月15日

88 お気に入り 286940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

絶大な浄化力を持つ「お香」

煙と香で空間を浄化する

煙は、姿を現してはスーッと消えていくことから、霊的なエネルギーの浄化や切断にとても効果を発揮してくれます。

ネイティブインディアンは、儀式でタバコの煙や、セージというハーブを燃やした煙を良く利用します。中国の道教、仏教でも、お線香の煙を身体の悪いところに当てる風習がありますが、あれもネガティブなエネルギーを浄化するれっきとした作用があるのです。

悪い気の流れを浄化する作用がある

実際、部屋でお香を焚いてみると、
気持ちが引き締まって集中力が高まったり、
逆にリラックスして眠くなってきたり…。
つまり、それまでの空気感をリセットして新しい流れを作り出しているということですよね。

香りのエネルギーは部屋の空気を浄化し、その場にいる人の思考を刺激したり、落ち着かせてくれます。

良い香りは邪気を寄せ付けず、運気アップにつながる。逆に、いやな臭いは運気を下げます。

★お香を焚くと効果的な場所

▼玄関

玄関は気が入ってくる重要な場所。お香で玄関を清めることで、開運効果が期待できます。

お香はにおい消しにもなるので、イヤなにおいを消し、良い香りで良い気を呼び込みましょう。

玄関はにおいがこもりがちになりやすく、そこに住む人は慣れてしまい、気にならないにおいも、他人にはムッとすることも!

お天気のいい日は下駄箱を開けてお香を焚きます。

下駄箱は油断するとにおいがプンプンしますからね、風通しをよくし、お香でにおい消しです。

お出迎えであれば、白檀などの上品な香木をお客様が訪れる30分ほど前から焚き始めて、ほんのりとした残り香で、お出迎えするというお香の使い方でのおもてなしは素敵かと思われます。

運気は玄関から入ってくるといわれていて、お香を焚いて、常にきれいにしておく習慣にしていると誰が訪ねてきても良い香りでお出迎えすることができるので、さらに運気も上がると思います。

▼トイレ

トイレは風水的にその家の健康運を左右する大事な場所です。

トイレはその家の健康運を左右します。

風水では食べ物でよい気を取り入れ、トイレで悪い気を出すという考え方をします。したがって、トイレが汚れていたり、寒かったりすると悪い気が十分に出ていかず、病気を招きます。

お香を焚いておくと、数日はその香りがトイレ内に残っているので、トイレ内の嫌な匂いも気にならなくなります。

トイレ内にお香の匂いが残らなくなったら、また、お香を焚くというようなことを繰り返しても良いと思います。
トイレ掃除は毎日して、お香は匂いの効果がなくなったら焚くというサイクルにしてみると良いと思います。

▼リビングルーム

部屋の空気がこもって気分が乗らず、気持ちがこもりがちな時にもお香の力を借りてカラッとさせましょう。

お部屋にはネガティブなエネルギーが充満している場合が多く、外に出ていろいろな人間関係で接触しているとしらずしらずのうちに悪い気を背負って持ち込んでいる場合もあります。

基本的には良いにおい=プラスのエネルギーということであり、悪臭はマイナスのエネルギーということを考えると、いい香りにしておいて損はないと思います。

静かに音楽を聴きながら、柔らかい香りに包まれると忘れていた自分自身を取り戻す事ができます。明日に備えてリラックスする充実した時間にお香を使いましょう。

★浄化力を高めるコツ

火をつけるときに、この部屋をキレイに浄化してくださいと思いながらつけること。

お香から出る煙はネガティブなエネルギーに集まります、そしてネガティブなエネルギーに集まった煙は浄化活動を行い浄化されると煙は消えます

部屋の煙が消えるまで待っても良いですし、ネガティブエネルギーと煙をまとめて換気してしまうのもおすすめです。
今まで見ることのできなかったネガティブな”気”を煙が見えるようにしてくれるのです。

※こんなものも浄化できる!

もらったらとても嬉しいプレゼント。
そんなプレゼントも、浄化したほうが良い場合があります。

プレゼントは送り主の気を運びます。

運のいい人からのプレゼントには強力な運がこもったアイテムとなりますが、運の悪い人や嫌いな人からのプレゼントは運気を低下させるので処分しましょう。
あまりに高価で手元に置いておきたい場合は、品物を太陽の光に当ててお線香やお香の煙で浄化してから使いましょう。

1 2