1. まとめトップ

大学四年だけど死にかけてるので勝手に語る2【op2ch】

心にグッとくる話・2ちゃんねるまとめ・3分でわかる・2ch・ネットで話題・体験談・これはひどい・びっくり・どうしてこうなった・ためになる・あるある・ネタ・情報・事件・事故・社会問題・感動する話・名言・迷言・人生・泣ける・人づき合い・人間関係・悩み・女性向け・男性向け・5

更新日: 2018年10月13日

1 お気に入り 12656 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

siitakepanさん

元スレ

最初から見たい方はこちらから

その29

父はかなり感情的な方で、多分高ぶってそのままどうしようもなくなって衝動的に自殺したんだと思う
実際のところはわからないけど
自殺した理由はたぶんお金

子の頃、私は文房具買ってもらうお金せびるのも嫌でノートなくなっても「わすれました」で通してた
お金ないから買えないなんて言えなかった

その30

父を最初に見つけたのは私なんだけど、なぜか「母に隠さなきゃ」と思った
いやおかしいでしょって思うんだけど

なんでなんだろね
汚れた部屋を掃除しようとした
けど倒れた父は子どもの力では動かないし、部屋の臭いがすごかった

人一人であれだから、戦争って大変なんだろうな

もちろん母には隠し切れず、病んだ母は周囲に引きずられるようにしてお墓の手配とかが終わった
父の話はこれでおしまい

その31

その後、私たちは引っ越すことにした
父がいないのにそこに住む理由もないからね

生きていくには食べなきゃいけない
お金がいる
閉鎖的で、仕事のないこの国で外国人の私たちは父なしで生きていけない

だから、隣の国、分離独立したもう一つの国へ引っ越した

その32

あっちの国へ行きさえすれば、豊かで、なんでもある
仕事もある
差別だってないかもしれない

そう思ってた
なにより生まれた場所だけどこの国が好きじゃなかった

その33


日本に帰らなかったのかよ


うん
その当時、母はぼろぼろで完全に頭やられてて日本語しか話さなくなってた
私が母を守らなきゃって思ってたんだけど、日本は私にとって知らない国で「アウェー」だったし

でも「ホーム」のこの国も本当にホームではなくて
だからいられなくなったんだけど

あと日本に行ってもきちんとは言葉分からないし、母が「捨てた」国で頼る人いなかった
返ろうなんていえなかったよ

その34


渡航費捻出だけでたいへんだろ


確かに!
今気づいたけど、確かにそんなお金うちに当時なかった
新しいセーター買うお金すらなかったんだ

その35

続き

その当時は確か、シェンゲンとかなくて
今みたいにヨーロッパっていっても国と国がきっちり別れてて国境線がはっきりしてた
だから隣の分離独立した国は「別」だったんだよねものすごく

そんなこんなで、仕事も住むところもない私たちは隣の国へ移り住んだ

だけどここですごく大きな問題があった
言葉が通じないの

笑っちゃうでしょ?
完全に何言ってるかはわからないわけじゃないけど、でも通じない

分からない
言葉の分からないアジア人が二人

最初は本気でどうしようかと思った

その36

どうするんだろ、どうするの、頭真っ白
母は完全に精神病だったし(何病か知らないけど頭やられてた)、私が母の面倒見なきゃと思ったけど無理だった

パンも買いに行けない
(ちなみにお金、通貨も違う)

あんなに苦労して国境超えて母と二人できた国でひとりぼっちだった

その37

それでもやっぱり似てる言語?というか子どもだからか、私は必死に覚えた
けど母はだめだった

立ち直れなかった

まあそうだよね
全部捨てて(留学してたのも夢があったからだし)結婚した人が自殺なんて

食事、洗濯、すべて私がやった
母は仕事を見つけて働いたけど、それはおぞましかった

その38

で、隣の国もやっぱ貧しかったんだよね
貧しいし、力がないから周辺から押されて成長できない

そんな国で私たちアジア人は格好のターゲットだった

学校に行けば言葉でからかわれ、見た目でからかわれ
お金が無くてからかわれ

まあそうだよね
だってアジア人がなでか自分の国に住んでるんだもん

金食い虫、寄生虫とかそんな扱い
だけど居場所があって学校は好きだった
家で目のうつろな母とふたりっきりはたえられない

一緒にしのうか、おかあさんと、ね、って何度いわれたことか

1 2 3