1. まとめトップ

クロネコメール便廃止!実質値上げ?代わりのサービスは?郵便法違反・信書規制リスク回避で

業界最大手のヤマト運輸が手掛ける「クロネコメール便」が、2015年3月31日をもってサービス終了に!フリマアプリでの売買にも痛手?

更新日: 2015年01月22日

3 お気に入り 6799 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kitakoreさん

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 山内 雅喜 以下ヤマト運輸)は、本年3月31日の受付分をもって、クロネコメール便のサービスを廃止することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

なぜ廃止?

「信書」の定義がお客さまに分かりにくいにも関わらず、信書をメール便で送ると、荷物を預かった運送事業者だけでなく、送ったお客さままでもが罰せられることが法律に定められています。2009年7月以降、当社のクロネコメール便を利用してお客さまが信書にあたる文書を送り、郵便法違反容疑で書類送検、もしくは警察から事情聴取されたケースは計8件にのぼりました。

法違反の認識がないお客さまが容疑者になるリスクをこれ以上放置することは、当社の企業姿勢と社会的責任に反するものであり、このままの状況では、お客さまにとっての『安全で安心なサービスの利用環境』と『利便性』を当社の努力だけで持続的に両立することは困難であると判断し、クロネコメール便のサービスを廃止する決断に至りました。

同社は規制改革を提案したが、主張は受け入れられなかったという。現在の規制が変更されないままでは、「安全で安心なサービスの利用環境」と「利便性」を自社の努力だけで両立させるのは難しいと判断して、メール便廃止を決定したと説明している。

2015年4月以降は?

また「小さな荷物」のやりとりにクロネコメール便をご利用いただいている個人、法人のお客さま向けには、同じく本年4月1日より、「小さな荷物」を安心で手軽にご利用いただける宅急便のサービスを拡充いたします。

4月1日からは、カタログやパンフレットなど「非信書」であることを事前に確認できた法人に対して、「クロネコDM便」としてサービスを提供する。また小さな荷物をやりとりするニーズに応えるために宅急便のサービスを拡充する。新たなサービスは、小さな荷物を専用ボックスでリーズナブルな料金で送れるもの、薄くて小さな荷物をポストに届けるものを予定している。

薄くて小さな荷物をポストに届ける新しいサービス

再配達にならずに届けて欲しいというニーズにお応えし、厚さ2.5cm以内の小さな荷物をご自宅のポストにお届けするサービス。
ポストにお届け時に受取人さまに配達完了メールが届く。

法人のお客さま
※事前に内容物の種類のお申し出と発送のお手続きが別途必要

個人のお客さま
※当社と契約のあるフリマサイトご利用時のみ

小さな荷物を専用BOXで、リーズナブルな運賃で送れる新しいサービス

宅急便60サイズより小さめの専用BOXと専用薄型BOXの2つの専用パッケージでご利用いただける、対面手渡しサービス。
荷物追跡・時間帯お届けサービス・再配達・配達完了報告などの宅急便基本サービスや、店頭受取りサービスなどがご利用可能。

他社のメール便

ええっ、これ困る<クロネコメール便廃止 一通でも取りに来てくれるのが体調悪いときとかとても助かったし、ゆうメールでは取りに来てくれないんだろうなあ。代替えのサービスってなんだろう。。。

メール便廃止最悪やん!!オークションや同人関係で便利やのに…。新サービスが今と同じ値段だとは思えないし…はぁ…。

メール便廃止か。これは発送遅れるやつだな;;郵便局には勤務時間的に行くの難しいから交換自体困難になるってことか…。

くろねこメール便廃止マジか…送料もだけど、個人的に受け取り時にサイン不要&郵便受け投函なのが非常にありがたかったのだけど…。再配達依頼面倒くさい…

ヤマトメール便の廃止はキツイなΣ(・□・;) 24時間コンビニで受け付け可能で超便利だから……

結局、日本郵便の利権を守るために信書の定義も曖昧で規制緩和も見送られてる訳だから、メール便廃止は逆効果な気もする。

1