1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レアルマドリードが獲得した未来のビッグネームたち

欧州チャンピオンズリーグ・スペイン国王杯・欧州スーパーカップ・クラブワールドカップなどタイトルを総ナメにした昨年のレアルマドリード。将来への投資もバッチリなようです。

更新日: 2016年06月18日

47 お気に入り 310558 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■快進撃を続けるレアルマドリード

モロッコのマラケシュで12月20日に開かれたクラブワールドカップの決勝でアルゼンチンのサンロレンソを2-0で下し、サッカーのクラブ世界一の座を獲得

■将来への投資にも余念が無い!

国内外で将来を有望視される若手選手を積極的に獲得する方針にも着手している

クラブ予算の内1000万ユーロを若手選手たちの獲得費用に割き、下部組織にはスペイン以外の国で生まれた26選手が在籍している

■世界最強軍団が獲得した期待の若手選手たち

▼マルティン・ウーデゴール(ノルウェー・16歳)

この“新星”には欧州の複数クラブが獲得に関心を示していると報じられていたが、レアルへ加入することとなった

昨年、左利きの神童はノルウェー1部リーグで史上最年少の出場と得点を記録すると、5ゴール7アシストの成績を残して注目を浴びた

昨年10月、15歳(当時)の若さでEURO2016予選のベラルーシ戦に途中出場し、同大会の史上最年少出場記録を塗り替えた

テクニックはもちろん戦術眼や判断力にも長けているそうで、地元メディアで「ノルウェーのフットボール史上こんな15歳はいなかった」とも評されるまさに逸材

▼マルコ・アセンシオ(スペイン・18歳)

12月5日、欧州王者がこの若き逸材と契約を締結。ただし、今季末まではマジョルカにとどまり、来季からスペインの首都での挑戦を開始する

移籍金は明らかにされていないが、スペイン紙マルカによると、350万ユーロ(約5億800万円)

今夏の移籍市場ではバルセロナやチェルシーも獲得に動いていると噂されていた

マジョルカを率いるヴァレリ・カルピン監督に今季からレギュラーに抜擢された逸材で、U-19スペイン代表では主将も務めている

▼ルーカス・シウバ(ブラジル・21歳)

1 2