1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

komajiro01さん

朝どうしても起きられない原因

セロトニンが不足している
セロトニンは精神を安定させるホルモンとして知られていますが、睡眠に対しても大きな役割を持っています。

眠りの質が低下している
睡眠の質が低下していることも、朝起きられない原因になります。睡眠の質というのは「深いノンレム睡眠」のことです。

【1】朝起きてすぐにスマホでメールの確認やゲームをする

寝る直前までテレビを観たり、パソコン、スマホをいじったりしていると全然寝れないですよね?
それを逆手にとって朝スマホのゲームをしたりメールを確認しましょう。

バックライトの強さは最大で

15分~30分つついていれば逆に寝たくても寝れなくなります。

【2】寝る前にカーテンを開けておき、日の光が入るようにする

日光が目に入ることにより、脳内ではセロトニンという覚醒をうながすホルモンが分泌されます。セロトニンによって「朝だ!」というメッセージが全身に知らされ、次第にハッキリと目覚めていきます。

体に日光が当たるだけでもだいぶ違います。

ベットは出来るだけ日の光が当たりやすいところに移動しちゃいましょう

【3】ベットから手の届く場所に500ml以上の水を飲めるように置いておく

それを朝一気に全部飲んじゃいましょう。

朝、水を飲むと健康にも効果があり、体がびっくりして起きるようになります。

【4】部屋を30分前から温めておく

冬限定となりますが効果的です。

冬は朝、布団から出れず二度寝のパターンとなるためそれを防ぎます。

いかがでしょうか?

朝起きてバックライトの強さを最大にしてスマホのゲームをするのが一番効果的です。

ゲームをしすぎて二度寝した方が良かったとならないようにしましょう。

1