1. まとめトップ

なんてこった・・・「男性の挿入平均時間」は「女性が望む挿入時間」よりも短い!

男性が気にすることの1つが早漏。具体的に何分というよりも、女性が望む時間をこなせるかどうかです。しかし……2つの数字には悲劇が!

更新日: 2015年01月23日

15 お気に入り 374142 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randuiriさん

男性の挿入平均時間は?

研究結果によって差はありますが、だいたい7分前後が平均と言われているようです。

まとめ上げられた数値によると、日本人男性が挿入から射精までのセックスにかける時間は、もっとも多いのが7~9分、その次に多いのが1~3分、ついで5~7分と続き、その次はなんと1分以下が続いています。この4つのパターン内に大多数の人が納まっています。この調査データを見る限りでは、9分以上持続する人はほんの一部しかいません。つまり、大多数の日本人男性は、0~9分の間がその持続時間だということですね。

日本人の男性でセックスでの射精までの平均時間はどれくらいなのか想像がつきますか?
早漏の男性が多いといわれている日本ですから平均時間も早いと思いますよね。
パートナーのヴァギナにペニスを挿入してから7分くらいという平均時間で射精をするといわれているのです。
早いとみるか遅いとみるかは人によって差がありますが早漏といわれている男性が1分くらいで射精するので時間差はあるように感じられます。

一方で女性が希望する挿入時間は?

一方女性が希望する時間は15分~。
男性の平均挿入時間を7分とするとなんと倍以上!

東邦大学医学部により日本人夫婦を対象に行われた調査では、希望挿入時間は15分。
さらには、2006年に大手コンドームメーカー、デュレックス社が26カ国26,000人を対象にとったアンケートの「挿入時間と満足度」という設問では、「挿入時間21分以上」が56%と一番高い数字となっています。これは複数国を混ぜて算出したものですので、日本人だけで集計すればまた違った結果が出ることでしょう。

小学館「sabra」誌がおこなったアンケート( 日本人女性1000人、平均24.7歳)によれば、平均が15.7分で、3分以内を希望している女性が3%、逆に30分以上を希望している女性が14%という結果でした。

それじゃあ男性はどうすればいい?

○早漏を改善する

亀頭増大術などの治療で男性器は刺激に強くなり、早漏を改善させることが出来ます。

亀頭増大・強化の効果
・包茎などが原因で起こる「先細り」を改善しバランスが良くなる。
・性行為時に一番刺激を受けるカリ首の感覚が鈍くなるため早漏防止になる。
・カリ高にすることで注入部が硬くなり、性行為のパワーアップにつながる。
・寒い時でも亀頭が縮みにくくなる。
・亀頭全体の皮膚が張り弾力が戻り亀頭が若返る。

亀頭増大・強化とは亀頭のカリ首周辺を大きく、硬くするための治療です。
早漏防止や性交時のパワーアップも図れます。
また亀頭に包皮が被りにくくなる為、軽度の包茎も治すことが出来る場合もあります。

○前戯・後戯に力を

セックスは挿入だけではなく、前戯後戯も含めたトータルで考えるべきです。
数十秒レベルの早漏は論外ですが、前戯や後戯に力を入れれば充分満足できることも。

一般論からすると、パートナーの女性が満足したかどうかが基準になるので、パートナーを満足させることができなければ、早漏と判断されても仕方ないのかも知れませんね。
逆に言えば、一定以上の時間挿入していることができて、且つ女性を満足させることができれば、それは早漏ではないのです。

【まとめ】セックスの平均時間と理想の時間配分
☆平均時間・・・1時間
☆時間配分・・・前戯30分、挿入15分、後戯15分

1