1. まとめトップ

ソフトバンク工藤監督が連覇の為に・・禁止3か条を提案

昨年、日本一となり連覇を目指すソフトバンクホークスですが工藤新監督が強いチームになる為に禁止3か条を提案?

更新日: 2015年01月24日

3 お気に入り 6339 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いとゆうさん

強さと身なりは比例?工藤監督が禁止3事項を通達

ソフトバンク・工藤公康監督(51)が、身なりなどを厳しく徹底する。ヤフオクドームで23日に開いた監督・コーチ会議で通達した。

「試合中のガム」「ツバ吐き」「言葉の禁止」で、23日に行われた監督・コーチ会議で全スタッフに通達。これから選手に徹底していく方針だ。

その3つは『試合中のガム』『ツバ吐き』『弱音』。最後のネガティブ発言は「できません」「わかりません」「しょうがない」の3つがNGワードとなる。

弱音に関しては明るいイメージの強いホークスなら大丈夫だとは思いますが・・・

「こっちの方がみんな明るいですね。中日はベテラン選手も多く、ソフトバンクは若い選手が多いからかな。
みんなが声を張り上げながら練習していて、明るいチームだなというのが第一印象です」

移籍して来た中田投手の感想

試合中のガムといえば多くの選手が噛んでいます

3つの禁止事項で、最もチームに影響を与えそうなのが『試合中のガム』だ。ソフトバンクにはガムを噛んでいる選手が多く、その代表が7年連続で打率3割をクリアしている内川聖一。さらに松田宣浩、中村晃ら主力選手だけでなく、昨季一塁ベースコーチを務めた鳥越裕介内野守備走塁コーチも愛食するなど、チームに広く浸透していた。

そもそも選手が試合中にガムを噛む理由とは?

ガムをかむのです。咀嚼という行為は心臓の鼓動とリンクするので(リズム運動)、ゆっくりかむことで上昇した心拍数を低下させ、冷静に物事を判断できるようになります。これが、野球選手がガムをかんでいる理由のひとつです。

近年では、ガムをかむとリラックス効果があるということがわかっています。かむという行為は顎だけでなく、その顎をはたらかせる脳の運動にもなります。そのため、ガムをかむ人とかまない人では、集中力の差が出ていることも明らかになっています。

科学的にも試合中のガムは好影響が与えるという証明はされていますが問題は見た目?

ファンの間では「見栄えが悪い」「子どもたちに悪影響だから」と、禁止案に賛同する意見が多数。だが一方で、「時代錯誤」「こんなことしてるからいつまでたってもメジャーで通用する野手が出てこない」など、容認派の意見も根強い。

松田選手はガムを噛むのはやめて工藤監督に従うとのこと

工藤公康監督(51)が「試合中のガム」「ツバ吐き」「消極的な言葉の使用」を禁止する方針を掲げた。選手会長の松田は「監督の方針なので、選手全員が従う。それは当然のこと」と受け入れた。

これ以外にも行き過ぎた金髪の禁止、髭禁止なども!

選手に対して、プレー以前に一社会人としての振る舞いを求める。常にファンの視線を意識することを要求し「選手といえども、一人の社会人。(髪は)まっ茶っ茶、まっ金金とはいかない。社会人という自覚をしてくれれば」と力説した。

「気分転換で染めていましたけど、今から黒に染め直します」。オフは終わり。髪の毛も戦闘モードで育成出身の7年目右腕は1軍生き残りをかける。

早速、二保選手は染め直したようです

昨年、厳しく風紀を取り締まり反感を買った西武、伊原監督の様にはならずに済みそうです。

ひげや茶髪、裾がだぶついたユニホームの禁止を通達。伊原イズムを注入した。

しかしあまりにも厳しくし過ぎ選手の反感を買いチームのモチベーション低下へ・・・

プロ野球・埼玉西武ライオンズの伊原春樹監督(65)が不振を理由に休養に入り、田辺徳雄監督代行(48)が打撃コーチから昇格することになった。
伊原監督はすその長いユニフォームや茶髪、長髪、ひげを禁止していたのに対し、田辺監督代行は「選手のフラストレーションが溜まっているなら、常識の範囲内で」解禁する

結局、伊原監督の休養で常識の範囲内で容認へ・・・

何はともあれ連続日本一を目指せるのはホークスだけ!工藤監督の手腕に期待しましょう!

1 2