1. まとめトップ

この感性にシビれる!ヤーガン族のセンスに脱帽です

寒い時には服を沢山着こむのが人情というもの。しかし!そんな時に服を脱ぐというイノベーションを実現した人々がいた!彼らの名は「ヤーガン族」。そのハイセンスな姿をご覧頂きましょう。

更新日: 2015年02月12日

masahusaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 5240 view
お気に入り追加

ヤーガン族(ヤーガンぞく、英:Yaghan または Yagán、Yahgan、Yámana、Yamana)は、かつてフエゴ島の南の島々からホーン岬に存在を広げていた先住民である。

パタゴニアに19世紀まで広く存在を広げていた「ヤーガン族」。南米最南端に位置するフエゴ島の島々からホーン岬までのこの地域は、風速60m/sを超える極限・極寒にもかかわらず、彼らは基本的に裸で生活を営んでいました。
「寒いから服を着る」ではなく「寒いから服を着ない」という選択を取り、動物の油で作ったグリースを全身に塗ることで寒さをしのいだ彼らは、マゼラン、ダーウィン、クックなど数々の冒険家や歴史上の有名人が、驚きをもってその存在を伝えてきました。

寒いから服を着ない…イノベーションですね。

顔は暖かそう。
ドット柄が素敵。

持たないと倒れるのかな

出典ameblo.jp

下に長くしてみた的な

出典ameblo.jp

比較的エレガント

出典ameblo.jp

やっぱこのタイプは手で押さえないとダメみたい

もはやお馴染みボディとマスクの柄の連続性が見事です

決めポーズでパチリ。
不思議の国に連れて行ってくれそうな御仁。

穏やかさの中に確固たる自信を感じる佇まい

みんなでパチリ。
思い出の一枚

仲良しコンビ…なのかなあ…

1





流行のネタから社会問題、オススメレシピまで様々な情報をまとめていきます。お役に立てましたら幸いです。