1. まとめトップ

ガムも禁止! ソフトバンク工藤監督が描くのは広岡管理野球?!

試合中のガム、つば吐き、ネガティブな言葉。茶髪、金髪、ヒゲ……。ソフトバンク工藤公康監督が選手たちに向け禁止事項を掲げた。これにより工藤監督のスタイルの全容が見え始めた。(初:20150125)

更新日: 2015年01月25日

0 お気に入り 7751 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ガム、つば吐き、弱音などを禁止

各紙報道によると、ソフトバンクの工藤公康監督は1月23日、スタッフ会議において、いくつかの禁止事項を掲げた。

対象となったのは、ガム、つば吐き、ネガティブな言葉、茶髪、金髪、ヒゲなど。

ソフトバンク工藤公康監督(51)が3つの禁止事項を掲げた。「試合中のガム」「ツバ吐き」「言葉の禁止」

3つのNGワードを設定した。「できません」「分かりません」「しようがない」の禁止だ。

「言葉の禁止」について。このようなネガティブな言葉は禁止。

行き過ぎた茶髪、金髪、ヒゲの禁止

その他、スポーツ報知によると、茶髪、金髪、ヒゲも禁止。

「ファンの目線を意識することが必要」として試合中にガムやつばを吐くことを禁止

禁止の理由について。

選手会長の松田は「監督の方針なので、選手全員が従う。それは当然のこと」と受け入れた。

それを受け選手会長の松田は

ガム禁止というのはどうなの?

"3つの禁止事項で、最もチームに影響を与えそうなのが『試合中のガム』だ。

禁止事項のなかで個人的に最も気になったのは試合中のガムの禁止。

ソフトバンクにはガムを噛んでいる選手が多く、その代表が7年連続で打率3割をクリアしている内川聖一。さらに松田宣浩、中村晃ら主力選手だけでなく、昨季一塁ベースコーチを務めた鳥越裕介内野守備走塁コーチも愛食するなど、チームに広く浸透

個人的には、内川のガムの噛み方だけは気になる。もう少し控えめに噛んでいただければ、というのが正直なところ。

なんで、こんなガムの噛み方するの内川は。みっともない。

日本シリーズ:幕切れは守備妨害 審判が冷静なジャッジ -ソフトバンクの多くの選手は何故ガムをあんなにグチャグチャ噛むのか、中でも内川選手の噛み方はみっともない程酷い!監督は何故注意しないのか。

内川はガムを噛むんはええとしても口を開けてクチャクチャいう汚い噛み方はあかんな #hanshin

04年には堀内監督が禁止令を出し、09年には王貞治会長率いるソフトバンクも試合中のガムを禁止。当時の角田雅司球団代表は「ガムをかんでいるときに(テレビの)画面に映ると、印象がね」と考慮し、ベンチ内には代わりにあめが常備された。

スポーツニッポンの記事によると、過去にも禁止令はあった。
それにしてもガムのかわりが飴というのもどうなのでしょうか(笑)

「社会人」としては人前でガムを噛むことはよろしくない。しかし、「ガムを噛むと脳が活性化する」ともいわれているし……

ガムを噛むことで得られる効果としては、次のようなことが挙げられる。

よく噛むことで、脳が活性化する
[......]
“噛むこと”で心も体もリラックスする

ホワイトファミリー歯科
日本咀嚼学会の指導などにもとづく資料

チューインガムを噛んでいると精神的にイライラした状態がおさまる、緊張を和らげることができる、精神状態の安定化が図れると言われています。
野球でも外国の選手がプレー中にガムを噛んでいる場面を見かけるのは、精神面で効果があるからだと思われます。

「チューインガム研究所」ホームページより
参考として「日本咀嚼学会」をあげている。

見えてきたのは「管理野球」的なスタイル

自身での徹底した体調管理のため門限順守

出典http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150124-OHT1T50015.html

以上の禁止事項に加え、門限も守るよう求めた。おそらく自宅住まいの選手も対象と思われる。

徐々に見えてくる工藤監督のスタイル。今回の発表によりその全容が見え始めた。それは、一言でいうと「管理野球」を思わせるものだ。

新生ソフトバンクは「工藤式管理野球」で連覇に挑む。

スポーツ報知も「管理野球」という言葉を使い報じている。

- 「厳しくすること」が及ぼす影響は

秋山前監督も身だしなみにはうるさかったが、選手の自主性を尊重していた。

秋山監督時代よりもさらに規則の面で厳しくなることが予想される。

1 2