出典 ameblo.jp

灰燼

1923年(大正12年)、山種美術館蔵

キュビズムの影響も伺える作品。

この情報が含まれているまとめはこちら

目を疑うほど美しい幻想の世界…大正〜昭和の天才画家・速水御舟

日本画のイメージが根底から覆される…日本画家でありながら、熱心に西洋画を研究し、従来の日本画を破壊。画壇で賛否両論を巻き起こした大正〜昭和初期の天才画家、速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)のまとめ。

このまとめを見る