テトロドトキシンは300 ℃以上に加熱しても、分解されないので注意が必要である。ヒトの経口摂取による致死量は1–2mgで、経口摂取では青酸カリの850倍程度の毒性を持つ。

ふぐの毒強過ぎでしょー

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【悲報】みんなふぐ毒甘く見過ぎぃ!あまりに多いふぐ食中毒事例

古来より日本で好まれ、食べられてきている、和食の伝統食材のひとつ、ふぐ、これが肝や、種類によっては皮などに、多くの毒を持つことは知られていますが、なぜか今でも食中毒事例が後をたちません・・・。なぜでしょう。

このまとめを見る