1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

ここぞの一本を買う時、知っておきたい ネクタイブランド7つ

消耗品なのでたくさんは買えないけど、一本くらいここぞという勝負ネクタイが欲しい。大切な人にプレゼントを買うとなるとどうやって選んだらいいの?コレ買ってよかった・貰ってよかった間違いなしのネクタイブランドとそのブランドでおすすめの柄・種類を集めてみました。なんてったって締め心地が最高!!

更新日: 2016年08月15日

akashiroaoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9193 お気に入り 731111 view
お気に入り追加

<<E.MARINELLA  E.マリネッラ>>

英国デヴィッド&エヴァンス社のプリント小紋地を使用したタイはブランドの顔

マリネッラ社は、ネクタイの7折りオリジナル製法を実現しました。正方形の生地を内側に向けて7回折られた製法によって、卓越した精巧なネクタイが生まれました。

※セッテピエゲ 7折り製法とは?

1枚の生地を7つに折ってつくるネクタイの最高級縫製。通常の倍近い正方形の1枚生地を使用し、芯地をつかわずに作られるネクタイ

スカーフのようなやわらかさとしなやかさがが特徴の重厚感あふれるネクタイ
ネクタイを結ぶ際にノット部分に適度なボリュームができ、きれいなディンプルを作れます。

E.マリネッラのシルクネクタイ。 これはセッティ・ピエゲではなくってスタンダードタイ。 その分ちょっとだけリーズナブル。でも紺地綺麗な小紋柄は流石です。締め心地もとてもです。 pic.twitter.com/kdYDf0xCIQ

明日はママとパパにサプライズプレゼント 20年間ありがとうの気持ちを込めて〜〜! パパにはマリネッラのネクタイ ママにはヴァンドーム青山のネックレス 今からキャンディーブーケをリビングに こっそり置いてくるであるっ! pic.twitter.com/tvP75z9S7X

<<STEFANO RICCI ステファノ リッチ>>

ネクタイの姿をした芸術品と呼ばれる

最近では安倍首相や、アナウンサーの古舘伊知郎さんなどがご愛用

マリネッラが小紋・ドット柄が人気なのに対して
ステファノリッチは、ストライプが人気

鮮やかな色使いが美しく、ブランド独自のストライプのデザインも際立っていて
この独自のセンスがかっこいい

ステファノリッチで気兼ねなくネクタイが買えるような社会人になってみたいものだ。

<<FRANCO BASSI  フランコ バッシ>>

色柄においては、「伝統的な中に革新性をもたせる」という理念をもち、クラッシックな中に旬なエッセンスが入ったタイ

イタリアのタイがポピュラーになる前はイタリアのタイ=FRANCO BASSI(フランコ バッシ)というほどのブランド

ジャガードタイは傑出した出来映えで、現在主流の織機よりも回転が遅い今ではめったにお目にかかることができなくなった旧式の織機を使うことで目が詰まった凹凸感のあるジャガードを実現

ジャガード柄は生地に立体的な絵柄が織り込まれた模様のこと

<<LUIGI BORRELLI ルイジ ボレッリ>>

もともとシャツの仕立て屋さん
最高のシャツに合わせるために作られた最高のネクタイ

通常の縫製では、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、ボレッリではネクタイを縦において真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。
この独特の縫製法と仕上げのアイロンワークによって、ふくらみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。

カシミア100%。
シルクとは趣の異なる柔らかな光沢が魅力

カシミヤ生地を贅沢に使用したセッテピエゲ

1 2





akashiroaoさん

このまとめに参加する