1. まとめトップ

千秋楽の表彰式で横綱白鵬が労った妻の沙代子夫人ってどんな人?

25日、大相撲初場所千秋楽で、横綱白鵬が、鶴竜を寄り切って、史上最多の33回目の優勝を全勝で飾りました。表彰式の場内インタビューで、嫁の沙代子夫人への感謝の言葉を述べた白鵬。優勝時の写真には、子供と共に沙代子夫人の姿をよく見ますが、どういう人なのでしょうか?

更新日: 2015年01月26日

4 お気に入り 368035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuyu170823さん

■幕内史上最多の33回目の優勝を全勝で飾った白鵬

・モンゴル国ウランバートル市出身。29歳。
・本名はムンフバティーン・ダワージャルガル。
・15歳で来日、宮城野部屋に受け入れられる
・四股名の由来は、横綱大鵬の鵬の字と、色白であったことから白鵬となったそう

大相撲初場所、横綱の白鵬が千秋楽で鶴竜を、鶴竜を寄り切って、33回目の優勝を全勝で飾った

11度目の全勝優勝で、自身の持つ最多記録を一つ更新した。全勝優勝は、一昨年夏場所以来。

横綱在位45場所目での大記録の達成、横綱になってから1回も休場のない丈夫さも大記録につながった要因でもある

千秋楽の結びの一番の白鵬-鶴竜戦に過去最多61本の懸賞がかかった。東京場所では1997年初場所以来18年ぶりの全15日間「満員御礼」となった

■千秋楽の優勝会見で奥さんへねぎらいの言葉をかけた・・横綱昇進時の口上も奥さんが考えたとのこと

妻への感謝の言葉で、会場を温かい雰囲気にした

表彰式の場内インタビューで、「いろいろ考えた。目標がなくなって“もう引退か”って…」と打ち明けたが、すぐに「新しい目標を立てて頑張ります」と続けると場内は大喝采

続いて「バカかと言われるかもしれませんが、強い男の裏には賢い女性がいる。横綱に上がった時に賢い奥さんが“精神一到”を考えてくれた。バカ賢い奥さんに感謝したい」と妻への感謝の思いを口にした

07年夏場所後の横綱昇進伝達式の口上で述べた「精神一到」の言葉を、紗代子夫人(30)が選び抜いた秘話を、満員御礼の館内で披露した。

3人の子供の子育てをしつつ常に自らを支えてくれた妻を労った白鵬

出典表彰式で妻をねぎらった白鵬

紗代子夫人と結婚後の白鵬はまさに上り調子で活躍。これも夫人の紗代子さんの献身的な支えがあってこそのものといえる

■この白鵬の発言には奥さんの沙代子夫人もびっくり

●8年前に「精神一到」を選んだ理由については「精神に集中して一つの道を考えて努力すれば、必ず夢がかなうから」と力説した。

夫のインタビューを東の花道で耳を凝らして聞いていた紗代子夫人だったが、その時は声援にかき消されて「聞こえなかった」という

しかし、その感謝の言葉を伝え聞いた瞬間、目を潤ませて「聞いたら良かったな」と少し後悔

自身のことをいうとは事前に聞かされていなかったという。白鵬の発言に「突然だったのでびっくりして家族で号泣してしまった」いう沙代子夫人。

出典とくダネ 2014年1月26日放送分より

■3人の子育てはほとんど沙代子夫人がしているという

和田 紗代子夫人

【3人の子供がいる】
長女の愛美羽(あみう)ちゃん
2007年誕生
長男の眞羽人(まはと)くん
2008年誕生
次女の美羽紗(みうしゃ)ちゃん
2011年誕生

子育てもほとんど任せきり。常に相撲に集中できる環境をつくってくれた妻

出典白鵬の33回の優勝を支えた沙代子夫人

家族の食卓には故郷の味を忘れないようにと、夫人が勉強したモンゴル料理がいつもあったという

おかげで白鵬は横綱になってから本場所と地方巡業で一日も休場がなかった。

白鵬は結婚会見時「純粋で、まじめでいい子。一緒にいてすごく落ち着くし、楽しい。彼女の自然なところが好きです。。彼女を幸せにしたいので、今まで以上に相撲を頑張りたい」と語っていた

■長女の愛美羽ちゃんは、名門の慶応幼稚舎に入学している

●入学式には、」夫婦そろってうれしそうに参加されていましたよ。2メートル近い巨漢・白鵬の登場に、周囲から歓声も上がっていたという

長男の眞羽人くん(6歳)、長女の愛美羽ちゃん(7歳)、次女の美羽紗ちゃん(3歳)。

慶應といえば、言わずと知れた私立小学校お受験界の最高峰。慶應受験専門の幼児教育学校が多数存在するほどで、入学は極めて狭き門である。

奥さんは学習院大学卒で教育熱心。将来を見据えて、学歴や人脈を培って選択肢を増やしてあげたいと考えていたという

1 2 3