1. まとめトップ

イスラム教とキリスト教の「神様は同じ」って知ってた?

これ、恥ずかしながら私は知りませんでした。「キリスト」対「アッラー」の戦いくらいに考えている人は、ぜひ正しい知識を身につけましょう。

更新日: 2015年12月27日

shunkakuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
43 お気に入り 105360 view
お気に入り追加

いまさら人には聞けない「基本的な知識」

そもそも、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じ神を拝める宗教で、解釈の違いで何百年も争っているわけで、なんで仲良くなれんかねー、と、思うわけだが

これ、大人として知っておきたい知識かも。

唯一の神を信じるため、これら3つはすべて「一神教」といわれる同類の宗教。

西暦0年がキリスト教誕生の年で、西暦610年にイスラム教が誕生しているので、イスラム教がこの中では一番新しい宗教ということになる

ポイントは3つ。

・唯一神
・預言者
・メシア(救世主)思想

※写真は、ユダヤ教のシンボルである「ダビデの星」

・唯一神…「ヤハウェ」という名前(固有名詞)で、「すべてのものをつくった、たった一つの神様」とされる

・預言者…預言者とは、唯一神からの命令を"預かる"特別な人のこと。「箱舟を作ったノア」や「海を割ったモーセ」などが有名。

・メシア(救世主)思想…メシアはヘブライ語で救世主という意味がある。基本的には、いつの日にか「自分達(=ユダヤ教徒)を救ってくれる存在を神様が遣わしてくれるはずだ」という思想

実は、キリスト教もイスラム教も「神様は同じ」

・キリスト教の唯一神も「ヤハウェ」である。ただし、キリスト教の信者は「イエス・キリスト」が預言者であり救世主でもあるという個人崇拝を基本としている。

・イスラム教の唯一神も「ヤハウェ」である。イスラム教の開祖であるムハンマドは「最後にして最大の預言者」という位置づけ。

※「アッラー」というのは日本語でいうところの「神」で普通名詞。英語だと「God」というところ。そのため、よく「アッラーの神」ということがあるが、あれは誤り。キリスト教徒と同じく、イスラム教徒も人類はアダムとイブからはじまったと考えている。

ユダヤ教では「アドナイ」、キリスト教では「ゴッド」、イスラム教では「アラー」と呼びますが、これらは全て「ヤハウェ」の事です

(ただし、)ユダヤ教以降は戒律に「神の名前をみだりに呼ぶなかれ」というものがあるため信者はこの名前(ヤハウェ)を口にしません

だから、あまり宗教に感心のない私達には分かりづらいことになっているんでしょうかね

これらの信者は、お互いをどう思っているのか

キリスト教においてメシア(救世主)として信仰の対象とされるイエスは、イスラム教ではイーサーと呼ばれ、ムハンマド(マホメット)の前駆者であり、ムハンマドの出現を予言した者と認識されている。

そのため、イスラム教のコーランには、イエス・キリストもあくまで「預言者のひとり」として登場する

•ユダヤ教徒にすれば、イエスやムハンマドはメシアを騙る偽物であり、本当のメシアはまだ現れていない。

•キリスト教徒にすれば、ユダヤ教徒はイエスを偽物だと決めて迫害した仇(かたき)、メシアであるイエスの以後に預言者を名乗ったムハンマドは偽預言者。

•イスラム教徒にすれば、ムハンマドという最後の預言者が現れたのだから、ユダヤ教徒もキリスト教徒もイスラム教徒に改宗すればいいと思っている。

信者の数は、キリスト教約21億人、イスラム教約13億人、ユダヤ教約1500万人

細かく見れば色々と違う考え方をしている宗派もありますが、基本的にはこう考えれば間違いではない

このように、これら3つの宗教は異なる宗教というよりも、異なる宗派といった感じに思えてくる

神様が同じなのに、なんであんなに激しく争うの?

宗教的な動機と政治的な動機が複雑に絡まっているとされる

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三宗教の聖地はエルサレムであり、この聖地奪回を巡って、およそ二百年間に、七回に亘る戦争が繰り広げられている

聖地となる場所が、3つの宗教で奪い合いになっている

「キリスト教」から見ると、(イスラム教は)「イエスを裏切り」「民族性を強く主張」している、けしからん宗教と見える

イスラームとはキリスト教『聖書』の内容はそのまま受け入れながら、ただし「神の唯一性と超越性」を強調するところから「イエスの神性の否定」を明言して、そして「中東の生活習慣」を大幅に入れ込んだ宗教

アメリカは「テロとの闘い」と主張しているが、アフガニスタンの人々は米軍の方がテロリストであり侵略者だと考えている

コーランの第二章百九一節に「迫害は殺害より悪し」とあり、イスラーム教徒に迫害を戒めると同時に、迫害者に対する報復は殺害をもって臨むことを命じている。ただしそれは、あくまで「侵略された場合のみ」とも書かれている。

今まで歴史上で行われた宗教戦争の真実のほとんどは、宗教対立を利用した権益の獲得争いです。(有名な例ではアメリカのイラク攻撃が実は石油の利権争いが裏にあることです。)

イスラム教にはジハード(聖戦)があったり、過激派がいるよね?

イスラム教が、特別に危険な教義を持った異種の宗教というわけではない。

日頃から意識して、客観的にニュースを見られるようになりたいもの

ジハードは本来、「努力」「奮闘」の意味であり、日本では一般に「聖戦」と訳されることが多いが、厳密には正しくない

「聖戦」という訳語は、ジハード本来の意味からすれば狭義の訳語。イスラム教徒は、とにかく何でもかんでも神の名のもとに「聖戦」として外部の敵と命がけで戦わなければならない、とコーランに書いてあるのではない。それを利用する一部の過激派が存在するということ。

キリスト教は現在でも過激なグループがいます。最近沈静化してきたとはいえアイルランドなどは有名

イスラム過激派だけが有名なのは、主だったマスメディアをキリスト教ユダヤ教が支配しているから。IRAやINLAなどがキリスト教系の過激派として知られている(ただし異教徒間での争いではなく、キリスト教同士での争い)。リンク先に詳しい紛争の歴史など:
http://www5.ocn.ne.jp/~kanebon/bstkitaireland.htm

「イスラム国(ISIS)」と「イスラム」は違います。イスラム国(ISIS)とイスラムを同一視することは、オウムと日本を同一視するのと同じくらい間違っています

これは分かりやすい例え

一般の穏健なイスラム教徒からしたら本当に迷惑だろうな。ほんの一部の愚かな過激派の行動によって、「イスラム教を信仰している人たちは残虐で恐ろしい」というイメージが世界中に拡がってしまうわけだからね。

過激派については、「イスラムをこじらせた人たち」というコメントをした人がいました

1





note 始めました。
https://note.mu/shinkaku



  • 話題の動画をまとめよう