1. まとめトップ

風邪は癌を予防する。正しい風邪のひきかた

癌を防ぐ役割が?

更新日: 2015年01月29日

2 お気に入り 12832 view
お気に入り追加

風邪を一度もひかない人は居ない。

風邪は定期的にひくと実はメリットが!

39.3度以上の熱でガン細胞は死滅します。
ガンは熱に弱いんです。

風邪は予防薬
風邪をひくと、ほとんどの人は市販の風邪薬を買うか病院に行って薬をもらって風邪の症状を抑えます。
「風邪の症状を抑えるとはもったいないことをするのですね。」と言われましたら皆さんはどう思われますか。
「何を言っているのだろう。この人は…」と思われると思います。 それもそのはずです風邪の症状をいいと思う人はいないでしょう。
でも、その症状が病気、特にガンや脳溢血を予防したり治してくれたりしてくれるとどうでしょう。 「もったいない」と思われるのではないでしょうか。 風邪の下痢や咳、食欲不振、熱などの症状、特に発熱が様々な病気を治してくれるのです。 風邪の症状は必要があって出るのですから、その症状を薬などで抑えない方がいいようです。

つまり、無理に熱を薬で下げるのは良くないんです。

昔は癌を風邪薬で治したのだ。高熱が続けば、癌細胞もウイルスも一掃されるのです。

 熱が出てだるい。節々が痛んだり、しびれが起きる。時には下痢する。そして、(肺癌なら)咳、(大腸癌なら)血便、(膀胱癌なら)血尿を伴ったりします。1週間も寝込み、気持ち悪いし、つらくてかなわん。体を温めて、滋養強壮の煎じ薬を飲み、安静にして、食事は取らず、水分補給に止める。やがて熱が下がって、食欲が出てきた。
 やっと治ったか。それにしても、質の悪い風邪を引いたもんだ。
 これが、昔の癌の自然治癒です。でも、癌とは気付きませんでした。

出典薬屋のオヤジのボヤキ

定期的に風邪ひいたほうが良い!

風邪をひいたらすること

せっかくウイルスと体が戦ってるのに固形物を取ると
消化に体力を取られてします。
ウイルスとの戦力がダウンします。

風邪ひいたら寝て水分取り、自然に経過させる。これがベスト!

あまり知られていませんが、癌細胞は35℃前後の低体温時に最も繁殖し、39℃以上の高温で死滅します。風邪も同様ですが、馬鹿みたいに風邪薬飲んで体温を下げようとする行為は自殺行為です。

暑いと風邪ひかない理由がわかった!!身体をあっためると癌細胞も死滅するらしい…冬嫌いじゃなかったのに…

「病気は、風邪ならウイルス、癌なら癌細胞というような直接原因と、免疫力が弱い胃腸が弱いなどの根本原因があります。現代の化学療法では直接原因だけを取り除いて「症状がなくなったから病気が治った」としますが、根本原因が残されている限り再発や別の病気に。健康は胃腸を強くする事から

風邪を引きやすい人よりも、風邪を引かない人の方が癌など重い病気になりやすいそうです。風邪を引け!とは言いませんけどね、フハッ

風邪などひいた事がない人ほど癌で突然ポックリ逝く

1





投稿しまくりたい!命の続くかぎり