酪酸菌(宮入菌)とウルソデオキシコール酸を成分としていて、酪酸菌(宮入菌)は、人間の消化管内常在菌として知られており、腐敗した悪玉菌などの消化管病原体に対して強い拮抗作用があります。
この酪酸菌は腸の中で発芽して、ゆっくり増殖して同時に消化酵素の補助的役割のあるビタミンB群を生成して、腸の働きを正常にする効果があります。

出典ミヤリサンの効果・効能について解説!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

乳酸菌摂ってるぅ?整腸剤でダイエット【腸内フローラ】

腸が弱い人はどんなにダイエットをがんばっても、体質的に痩せにくいままです。腸を健康にし、痩せやすい体質をゲットしてダイエットとは無縁な体質に生まれ変わりましょう!

このまとめを見る