1. まとめトップ

[ES細胞盗み出した?]理研OBが小保方氏を刑事告発

理化学研究所OBが小保方晴子元研究員を刑事告発しました。刑事告発したのは、理研OBの石川智久さんです。告発状によりますと、小保方氏が名声や安定した収入を得るため、STAP論文共著者の若山照彦教授の研究室からES細胞を無断で盗み出したなどとしています。

更新日: 2015年02月11日

0 お気に入り 1869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuzu.mahiruさん

皆さんご存知の小保方晴子氏

小保方 晴子(おぼかた はるこ、1983年9月25日 )は、独立行政法人理化学研究所の元研究員。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダーや、理研本部STAP細胞検証実験チーム所属研究員を務めたのち依願退職した

2014年1月末にSTAP研究を発表して一躍「時の人」となった

涙の会見もありました

私自身、200回以上作成に成功しています

監視カメラ付きの部屋で第三者の立ち会いのもと実験を始め、1人でSTAP細胞が再現できるかを調べていた。

結果的に再現できず実験は終了した。

そんな小保方氏にある疑惑が浮上した

告発状によりますと、小保方氏が名声や安定した収入を得るため、STAP論文共著者の若山照彦教授の研究室からES細胞を無断で盗み出したなどとしています。

告発したのは理化学研究所OB・石川智久さん

「真面目にコツコツと研究をしている研究者の怒りを含めて、代表して刑事告発をするに至った」

石川氏は、理研の自浄作用が期待外れだったため、昨年末から、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の複数の関係者から独自に証言や資料を集めた。

「調査を進めていくと、小保方さんが何をしたのかハッキリ認識できました。小保方さんがES細胞を盗んだと強く推認させる写真もあります」とも

小保方氏は告発に対してどう対応するのか

小保方氏処分午後発表へ 理化学研究所

小保方氏は既に退職しており実質的に処分はできないが特定の処分に相当するとの結論を出す見込み。処分には減給、出勤停止、諭旨退職、懲戒解雇などがあるが重い処分が予想される。

小保方氏は「懲戒解雇相当」 理研が判断

STAP細胞問題をめぐり理化学研究所は10日論文不正が認定された小保方晴子氏を「懲戒解雇相当」と判断したと公表した。

研究費返還請求などについて理研は1~2カ月で対応を決める方針。また国際出願していたSTAP細胞の特許を取り下げることを表明した。

1