1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

男だって恋に悩む!応援したくなる男主人公の少女マンガ♡

「恋愛に悩む男子」が主人公の少女マンガをまとめました。

更新日: 2015年02月14日

ringo-mikanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2810 お気に入り 1122774 view
お気に入り追加

女性向けコミックで、男子主人公で、恋愛モノ、というジャンルで選んでいます。
ただし、同性愛は含んでいません。

「俺物語!!」アルコ・河原和音

剛田猛男は高校1年生。身長2m・体重120kg(いずれも推定)。好きになった子は、いつも幼馴染みのイケメン・砂川の方に行っちゃうけど、真っ直ぐで不器用で鈍感で、男子からは超モテモテ! ある朝、通学電車の中で、ひとりの女の子を痴漢から救ったことで猛男にも春到来の予感…!? 笑って泣けて、胸キュンも満載の、爆笑純情コメディー!

性格は真っすぐで不器用、同性からは慕われるが異性には嫌われやすい、いかつい剛田猛男。

主人公「猛男」がヒロイン「大和」を痴漢から救ったことがきっかけで交際することに…。

なんといっても主人公の猛男が最高!
大和にべた惚れのデレデレで、大和に会う度に『好きだ』を心の中で叫んでるんです。メールとかも「了解だ」とかの一言で終わったりして、男気溢れるブサメン男子。

交際に発展するも、お互いあまりに奥手すぎて、キスするのかしないのか!?といった展開になっており、ふたりの幼い恋愛にヤキモキしたりきゅんきゅんしたり。主人公の男臭さとは打って変わって、この感じは少女マンガの王道!

猛男はどうすれば女性が喜ぶかをあまり分かっていない一方で、あざとさのかけらもない“俺”行動で女性をキュンとさせる。

「ブサイクがモテた」というシンデレラストーリーではなく、「一見ブサイクなんだけどモテる要素をきちんと備えている」というのが、この作品の真骨頂。

河原和音原作、アルコ作画「俺物語」6巻読了。主人公剛田猛男は不器用やけど力持ちで男が惚れる位男らしいし勇気がある。女の子にはもてなかったけど、彼女が出来た。これがいい彼女なのよね。親友の砂川くんはイケメンなのにフリー。 pic.twitter.com/GlJqg2RpuG

学生時代の見てて恥ずかしくなる恋愛ものとかめっぽう苦手。 「俺物語」は 見た目がゴリゴリだけど まっすぐで人間出来てるいい奴な猛男くんを主人公にする事によって少女漫画のサブイボ感が緩和されている気がした。 原作が河原和音さんだし間違いない。 コバちゃん貸してくれてありがとー☆

「ラストゲーム」天乃忍

小学生の柳は超完璧少年だったが、転校生・九条が現れ、勉強・運動で惨敗! 柳は人生初の挫折を経験し、九条への雪辱を誓う。同じ中学、高校に進学する中、「惚れた方が負け」という言葉を耳にし、柳は九条を惚れさせようと決意する。十年に渡る二人の勝負(ラストゲーム)が、今始まる!!

家柄良し、見た目良し、頭良し、スポーツ万能、金持ち…という完璧少年柳の前に現れたのが九条美琴。

得意としてきたことでも、目標の立派さや人としての格でも敗北感を覚えた柳は、ひとつの計画を考えつくのでした。それは九条を自分に惚れさせて、優位に立った上で彼女をフッてやるというもの。

何とかして九条さんに勝とうとするんですが、
九条さんはまるで相手にしません。
そもそも九条さんは苦学生でいい子ではあるんですが、
他人には無関心で超マイペースなんですよね。
だから突っかかってくる柳のことだって全然気にとめてないんです。
こうして柳は一人で空回りしてばっかりだし、
がんばってもがんばってもまるで勝てません。

ここから柳が九条に接近していって、高校生活、大学、と続いていくんですが、
一人の女の子をずーっと意識してずーっと見つめてたら、そりゃいつかは当然・・・

この作品、いつもクールな九条さんを振り向かせようと柳くんは悪戦苦闘するっていう一番のお決まり展開があるのですが、お決まりと分かっていてもこれが読んでいて可愛すぎる。

ラストゲームのいいところは、女の子が自分投影形式じゃないからあくまで読者は第三者であり、かつヒーローの柳くんがお金持ちで外面はいいけどわかりやすく調子に乗ったり恋愛でわたわたしてて嫌味っぽくないところです

ラストゲーム3巻読了。頑張れ柳!負けるな柳!と男主人公を応援してしまう少女漫画も珍しいw あとなんか藤本様とは話が合いそうな気がしないでもない

ラストゲーム そして壁ドンのあとやってしまったとすぐに後悔するというなんともヘタレな柳が好き。 pic.twitter.com/Wlj8doz48D

少女マンガの定番「壁ドン」も、へたれ男子のため上手く出来ませんw

「関根くんの恋」河内遙

世にも稀なる残念な男
関根圭一郎、三十路。仕事が出来て男にも女にもモテるイケメンエリートだが、
「鈍感・受け身・器用貧乏」の三重苦がたたって、どこかピントのずれた人生を送ってきた。
一念発起した関根君が向かったのは、小さな手芸用品店。
編み目を数えるうちに思い出すのは、過去の忌まわしい記憶と、数音先輩の細い細い身体の感触……!?
そして出会った手芸屋の孫娘・サラ。ついに関根くんの恋が始まる……かも。

イケメンエリートのくせに、「鈍感・受け身・器用貧乏」の三重苦がたたってどこかピントのずれた人生を送ってきた関根圭一郎(三十路)。

そんな彼が趣味を見つけようと訪れた手芸屋で、店主の孫で屈託のない娘・サラと出会ったことで、変化が訪れる……。

出典ameblo.jp

ここから関根くんは手芸男子になっていきます。…というと、なにやら「ほっこり系」のようですが全然違うんです。

今まで自分から求める恋愛をしたことがなかった関根くん。
初めて知った「恋」。成就させることができるのか⁉

不器用な男子の不器用な恋を描いた作品は数多いが、そのなかでももっとも残念な男を主人公にすえる『関根くんの恋』

1 2 3





エンタメ・雑学を中心に気になったことをまとめます。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Twitter: http://goo.gl/Cx7VUJ



  • 話題の動画をまとめよう