1. まとめトップ

可憐だけど気が強くたくましい!生態のわかるメジロ写真集

日本で三番目に小さく、可憐な姿で昔から愛されている野鳥のメジロ。でも、その姿からは想像できない気の強さ、たくましさが実はあります。毎日の観察でわかった、その強さ、たくましさが伝わるメジロの写真をご覧ください。

更新日: 2015年01月29日

3 お気に入り 10517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mao705さん

小さな体で気は強い!メジロの本当の姿

花の蜜を吸う甘党で、日本で3番目に小さい野鳥、メジロ。
目の周りの白いアイリングと体全体の明るい抹茶色のかわいらしい姿から、昔から多くの人々愛されている野鳥です。

でもみなさん、そのかわいらしい姿にだまされていませんか?
毎日観察していると、小さな体に似合わず実はかなり気が強いんですよ。
メジロのそんな性格がわかる写真をご紹介します。

人間にも負けない!

野鳥のエサ台にミカンをついばみに来たメジロのペア。

まだスズメなどの他の鳥は人間の姿を警戒して近寄りませんが、
メジロは警戒心がうすく怖いもの知らずで、人間がそばに居てもまっさきにエサにやってきます。

写真を撮るため、窓越しですがこんなに近づいても逃げません!

多少の危険よりエサを食べる方が優先だ!というわけなんですかね。

自分より大きなシジュウカラにも負けない!

ミカンと一緒に入れてあるヒマワリの種を食べに来ていたシジュウカラ。
そこに、おいどきなよ!とばかりにメジロが横入り。

シジュウカラは背中を向けて飛び立っていきました。
シジュウカラはメジロより大きいのですが少し気が弱く、
メジロに簡単に追い払われてしまいます。

自分より大きなスズメの軍団ともいい勝負!

そこについに、スズメが1羽やってきました。
スズメはメジロより体が大きく、メジロより強い立場にありますが、メジロは負けずにメンチを切ります。

メンチを切ってもスズメが去る様子がないので、さらに飛んで威嚇!

ちょっとスズメは腰が引けてます。

スズメが逃げないので、メジロは妥協して一緒にミカンをついばみ始めました。

本当は独り占めしたかったようです。

さらにスズメが1羽、横入りしてきました。

自分より大きく強い相手と2対1ですが、気にする様子もみせずエサを食べています。

スズメ2羽が横入りしてきた上に、さらに後ろからも3羽目が横入りを狙っているのに気づき、さすがにタジタジになってきました。
腰が引けています。

この後、後ろのスズメがやってきて、3対1になってさすがに追い払われてしまいました。

でも、小さな体でそこまで負けずに頑張る気の強さ!

近くの枝でずっと順番待ちをしていて、スズメたちが去ったあとにまたすぐやってきました。

ふぅ、今度は横入りされる前に急いで食べよう!と真剣な顔。

真剣に急いで食べるあまり、残像が写っています。
超真剣!

あーようやくおなかいっぱいだわーと満足そうな顔。

雨の日のメジロ

冬の寒い雨の日、野鳥のエサ台はエサを求める野鳥たちで殺気立ちます。
雨なのでみんなエサを探すエネルギーをできるだけ使わずに、確実にエサがある所に来るようです。
野鳥たちのエサの奪い合いは、晴れた暖かい日よりもずっと激しくなります。

これは驚きのショットです。
エサ台を挟んで、左に大きなキジバト、右に小さなメジロが写っています。

キジバトは体が大きいですがおっとりとしていて、他の鳥を追い払うような行動はしません。
自分が大きいので他の鳥が先に逃げるのを知っているのでしょうね。

メジロよりも体が大きいスズメやヒヨドリもすぐ逃げますが、
このメジロは逃げずにギリギリまでエサを食べています。

これはかなりの気の強さ!

ミカンの隙間にいれてあるヒマワリの種を食べるため、そばの枝でシジュウカラがまだかなーと順番待ちをしています。

シジュウカラはメジロよりも体が大きいのですが、気が弱くメジロより立場が弱いのです。

メジロはそれに気づいていながら、まだ譲んないよーとエサ台を陣取ります。

じっと待ち続けているシジュウカラを尻目に、
メジロのこのドヤ顔!

羽をふんわりふくらませて満腹顔。
そろそろ譲ってやるかーと余裕の表情。

気の強さと大胆さは、小さな体で生き残るための知恵

メジロの可憐な姿からは想像できない、気の強さとたくましさがおわかりになったでしょうか?

先にも書いたように、メジロは日本で三番目に小さな野鳥です。

それでも生き残るためには、このくらいの気の強さがなくてはいけないのでしょうね。

おまけ

葉が落ちた木に発見したメジロの巣。
直径10cmほどの手のひらにスッポリおさまるほどの小ささです。

メジロ、やっぱりかわいい!

1