にんにく by アマナイメージズ

ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱、学名:Allium sativum)はネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。
日本ではニンニクやノビル(野蒜)など根茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。

この情報が含まれているまとめはこちら

にんにく大好き☆味よし栄養よし色んな料理にも合うにんにくの魅力

日本ではあまり和食で使用されなかったり、仏門において禁止されていたりと、まだ料理の幅が少ないですが、近年食のグローバル化により多くの機会で口にするようになったニンニクのすごさを紹介します。

このまとめを見る