1. まとめトップ

百人一首 おもしろい覚え方・語呂あわせ 100首!試験や競技かるたにおすすめ

百人一首 覚え方 おもしろい 語呂合わせ ごろあわせ ごろ合わせ 上の句 下の句 かるた 試験 暗記 一字きまり 決まり字 大山札 小学生 中学生 高校生 ちはやふる 覚えやすい おすすめ

更新日: 2019年03月24日

259 お気に入り 1032483 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

百人一首をたのしく・おもしろく覚えられる「ごろあわせ」をご紹介します

百人一首のテストや試合を、たのしく乗り切ろう♪

百人一首のたのしい&おもしろい ごろあわせ をご紹介します(*'ω'*)

◆百人一首の学校の勉強に
◆競技かるたで勝ちたい人に

・ごろあわせ
・決まり字
・現代語訳

をご紹介します

語呂合わせのご紹介のまえに・・・百人一首の効率的な暗記の方法とは?

嫌いな教科の試験勉強は、覚えるのに一苦労するのに対し、

好きなジャンルについてなら、努力した覚えもないのにすらすらと記憶している・・・そんな経験ありませんか?

それは人間の脳が、そういう風にできているから。

そこでなるべく、「なにそれ!ぷぷっw」とふきだしてしまうような、おもしろさを取り入れた百人一首の語呂合わせにしてみました。

お友達と一緒に楽しむと効果倍増です。

百人一首のごろあわせ ご紹介する順序のご説明

似たような歌はごっちゃになりやすく
覚えにくいので、

似たような歌ごとに○○シリーズとして、
まとめてご紹介しています。

・一字決まりシリーズ
・大山札シリーズ
・むりやり人名変換シリーズ(しのぶちゃん など)
・お花シリーズ
・わさびシリーズ

…などなどです。

百人一首を漫画で覚えるなら・・・

主人公 ちはやちゃんは
美人なのに動いたりしゃべったりすると
台無しという「むだ美人」

だけど
百人一首(競技かるた)で日本一のクイーンを
仲間と一緒に必死にめざしています。

登場人物への共感と、感動にあふれ
へたなギャグマンガよりまじで笑える
スポ根少女漫画。

これを読むと、百人一首覚えよう!という気持ちになります。
感動のシーンに、ぴったりな百人一首の歌が挿入されていたりして、イメージをつかむのによいと思います。

百人一首を覚える時にアウトプットを意識してみて!

競技かるたでは、下の句の札を並べます。
試合開始前に15分の暗記時間があるのですが、
ここで、下の句をみただけで上の句がわかるかどうかがとても重要!
語呂合わせを覚えるときは、あとになってそれができるようにってことを意識してみてください。

【一字決まりシリーズ】 む す め ふ さ ほ せ  の 百人一首のごろあわせ

一字決まりとは?
上の句(かみのく)の 最初の一文字が読まれた段階で、下の句(しものく)がわかる歌のことです。

上の句が

む す め ふ さ ほ せ

で始まる7つが該当します。

一文字読まれたら、すぐに取れるので、
競技かるた初心者同士の試合では、覚えておくと頭ひとつ抜き出ますよ。

村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ
第87番 寂蓮法師 (じゃくれんほうし)

「む」ではじまる歌は1首しかないので
「む」と読まれたら、
「きり」で始まる札をすぐに取れます。

ムキムキ!

下の句に「きり」ではじまる札を見つけたら、
「そういえば↑のような語呂合わせあったな
ムキ!キリ!・・・最初は【む】だ!」って感じで思い出してください。

村雨(にわか雨)が残したしずくもまだ乾ききらないのに、
牧槇(美しい立木・針葉樹)の葉に霧が立ちのぼっていく
もの寂しい秋の夕暮れだなぁ

住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人めよくらむ

すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ
第18番  藤原敏行朝臣  (ふじわらのとしゆきあそん)

こちらも一時決まり

「す」と読まれたら、すぐこれを取れます。

書初めのテーマは将来の夢な感じで

住の江(現在の大阪市住吉区の海辺)の岸に打ち寄せる波のように  (立ち寄るにかけています)
(いつもあなたに会いたいのだが)、
どうして夜の夢の中で家へ向かう道でさえ、人目をはばかるのでしょうか。

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな

めぐりあひて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな
第57番  紫式部 (むらさきしきぶ)

めぐとかくれんぼしてあーそぼ♪

無理やり人名にかえると覚えやすかったりします。
「めぐちゃんゲットだぜ!」
「めぐちゃん取られた!」
・・・というようなポケモン的な楽しみが生まれるよ♪

久しぶりにめぐり会ったのに、
あなたかどうかも分からない間にお別れしてしまい、
まるで 雲に 隠れてしまった夜中の月のようですね。

超メジャー超有名なあの紫式部の歌です。

中流貴族の娘としてうまれ、
藤原宣孝(ふじわらのためたか)と結婚
第58番の歌人である娘賢子(けんし)を産み
夫との死別後、寂しさのなかで「源氏物語」を書き始めたそうです。

その物語が広まり、藤原道長(ふじわらのみちなが)の娘で一条天皇中宮(いちじょうてんのうちゅうぐう)の彰子(しょうし)のもとへ宮仕えをするようになりました。

はじめ藤原氏ということで藤式部(とうのしきぶ)と呼ばれていましたが、『源氏物語』の主人公のひとりである「紫の上」から紫式部と呼ばれるようになったようです。

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ

ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ
文屋康秀 ぶんやのやすひで

1 2 3 4 5 ... 13 14