1. まとめトップ

後悔しなくて大丈夫!ダイエット中、食べ過ぎた後にするべきこと

ダイエット中でも、食べ過ぎて苦しい…過食してしまった…と後悔してしまうこともありますよね。でも次の日からリセットすれば、一時的に体重増加しても、すぐ元に戻すことが出来ます。食べ過ぎた翌日からするべきことを紹介します。

更新日: 2016年06月06日

noho3nohoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
214 お気に入り 807466 view
お気に入り追加

食べ過ぎて、後悔…

ダイエット中でも
つい食べ過ぎてしまうことってありますよね。

ダイエット中だということをわかってはいるけれどついつい
食べちゃった・・・。そんな経験は誰にでもあるものです

食べ過ぎたことに、ネガティブになりすぎなくて大丈夫です。
その後の気持ちの持ちようが大事!

体重が増加していても、一時的なもの

体重が増えていても、
全部脂肪になったわけじゃない!

食べ過ぎれば翌日には体重は増えるかもしれません。ですがそれはカラダの水分量が増えたことによるもの。

食べたもののエネルギーが脂肪に変わってしまって体重が増えたわけではないんですよ

では食べ過ぎてしまった後、どうすればいいかを
紹介していきます。

カロリーは一週間単位で調整する

焦って1日で何とかしようとしなくても
大丈夫です。

カロリー管理は一週間平均で考えてOK。実はダイエット成功者の多くは長期スパンでカロリーが適正になるように調整しています。

翌日の運動を少し増やすなどして一週間のうちで調整していくことがポイントです。

そのほうが気持ちが楽になり、ダイエットを続けることができます。

18時間ほど断食

18時間ほど、食べるのを我慢するのが理想です。

食べ過ぎが体脂肪に変わるまでの目安時間は18時間といわれているので、食べ過ぎた食事が1回あったら、その後18時間ほどは断食することが理想(水分のみ)。

18時間断食が難しい場合は48時間(3日間)で計算し、食べ過ぎをリセットする「プチ断食」でもOK。

おなかがすいたら、野菜でリセット

余分な糖分をリセットするには、野菜を中心とした食事でカロリーを抑え、食物繊維とビタミンをしっかりと補うようにしましょう。

食物繊維を含む野菜をたっぷり食べるようにすると効果的です。食物繊維は体内の余分な脂肪や糖、老廃物を排出してくれます。

にんじん、ホウレンソウなど水分の代謝を促進するカリウムが多い食品を摂り、余分な水分や老廃物をどんどん排出するよう意識

水分の代謝を促すカリウム豊富な食品を食べることで、余分な水分や老廃物をしっかり排出しましょう。

青魚でリセット

青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は脂肪の燃焼を促進し、体脂肪を燃やすという嬉しい効果があります。

1 2





noho3nohoさん

料理レシピ、ファッションなど、色んな事まとめてます。
よければ参考にして下さい。