1. まとめトップ

南極にいるペンギンが人懐っこくてかわいいと話題に

人も、ほかの大型生物もほとんどいないペンギンの楽園、南極での、ペンギンたちがあまりにかわいいと話題になっています。

更新日: 2017年10月30日

14 お気に入り 41510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

南極のペンギンたち

立派なペンギンと、モフモフな子ペンギンの親子。

かわいいペンギンの親子ですね。子供の方は生まれてからしばらくはふわふわの羽毛に包まれています。

極寒の地のため、天敵がほとんどおらず、楽園と化しているので、人間も知らず、敵も知らないため、好奇心旺盛なペンギンたちはすぐ人間と仲良し?になれます。
そのため、冒険家、旅行者、調査隊の間ではすっかりペンギンがアイドル化していますw

主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。

植物プランクトンを餌とする海洋生物は多様に存在する。南極には、ペンギン、シロナガスクジラ、シャチ、ダイオウホウズキイカ、オットセイ、アザラシなどが棲息している。
亜南極域を含めると、ペンギンはコウテイペンギン・アデリーペンギン・キングペンギン(オオサマペンギン)・アゴヒゲペンギンなど8種類が棲息している。

ペンギン画像

人に興味津々で、ちょっと手を出すと、なんだろう、と寄ってきます。

人間がいても気にしません。
天敵のいない世界に慣れ過ぎているのでしょうね。

子ペンギンさん、人を見たことないのか、警戒心薄く、平気で人間とたわむれています。

こんな大勢のペンギンさんがペタペタと元気に移動しています。

元々天敵のいない環境なので、警戒心がほとんどありません。

動画

あまりかわいいから、と構い過ぎると・・・たまに威嚇されますw

1