1. まとめトップ

ドラマ『Dr.倫太郎』堺雅人×蒼井優×吉瀬美智子 最終回・キャスト・あらすじ・感想・視聴率

2015年4月期日本テレビ系水曜ドラマ『Dr.倫太郎(りんたろう)』出演:堺雅人、蒼井優、吉瀬美智子、高橋一生、遠藤憲一、松重豊、小日向文世ほか 脚本:中園ミホ、演出:水田伸生 キャスト・あらすじ・人物相関図・感想・ネタバレ 視聴率:第1話 13.9% 第10話(最終話) 13.0%

更新日: 2018年04月26日

7 お気に入り 234879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyantamaさん

堺雅人がドラマ『Dr.倫太郎(りんたろう)』で天才精神科医に

視聴率:第1話 13.9%→第2話 13.2%→第3話 13.7%→第4話 13.9%→第5話 10.8%→第6話 12.6%→第7話 12.3%→第8話 11.0%→第9話 12.7%→第10話(最終回) 13.0%

俳優の堺雅人が4月よりスタートする日本テレビ系連続ドラマ『Dr.倫太郎(りんたろう)』(毎週水曜 後10:00)に主演することが29日、明らかになった。

登場人物・キャスト

堺 雅人
蒼井 優
吉瀬美智子
内田有紀
高梨 臨
高橋一生
真飛 聖
中西美帆

余 貴美子
遠藤憲一
酒井若菜
長塚圭史
松重 豊

石橋蓮司
高畑淳子
小日向文世

慧南(けいなん)大学病院の精神科医。患者さんの話を聞き、その心にとことん向き合うことを信条にしている心優しい医師。独身で、愛犬とふたり暮らし。

新橋の売れっ子芸者。普段は愛想のない性格だが、芸者として座敷に入ると美しい舞踊とその愛嬌で客を魅了する。人知れず、心に大きな傷を抱えており…。

慧南大学病院の外科医で倫太郎の幼馴染。倫太郎の一番の理解者であり、身の回りの世話もする。知的でよく気のつく〝よくできた女性〟。

倫太郎のことを信頼し、医師として尊敬する「デキる」看護師。働きながら息子を育てるシングルマザー。いつもニコニコしていて活発的。

倫太郎のファンであり、精神科医を目指し倫太郎を慕って慧南大学病院に入った研修医。倫太郎への想いは、やがて〝憧れ〟以上のものに?

成績優秀で意欲的な研修医。倫太郎のような医師になりたいとは思っているが、人前で話したり初対面の人と話すのが苦手。密かに葉子に心を寄せている。

宮川の部下。あまり感情を表に出さないミステリアスな女性。「氷の女」と呼ぶ人もいるが、宮川のために労を惜しまない才女。

倫太郎の精神科医の先輩で開業医。数年前、副院長の座を巡る争いに敗れ慧南大学を去った。倫太郎に慕われている。

倫太郎の妹。現在は結婚して子供もおり、パートタイムの仕事をしながら主婦として堅実な生活をしている。

慧南大学医学部・精神科主任教授。医学論や治療法において、よく倫太郎と論争するライバル的存在。

慧南大学病院の副病院長兼脳外科の主任教授。クールを装い、人前では笑顔を見せたり自分の意見を口に出さない。

慧南大学、大学病院の理事長であり、病院以外にも様々な事業を多角経営する大金持ち。大学発展のため、倫太郎を呼び寄せた人物。

第10話 2015年6月17日

医師としての一線を越え、夢乃(蒼井優)を抱きしめた倫太郎(堺雅人)。 スキャンダルの一件で自宅謹慎を命じられた倫太郎は、明良とともに穏やかな時間を過ごすうち、明良の解離されていた人格が統合されたのではないか思えるほど治療の効果を感じ始めていた。

そんな折、るり子(高畑淳子)が無銭飲食で逮捕され、実娘の明良は身元引受人として警察に出頭することとなり、不安を抱えつつも明良はるり子と対峙する。

一方、新病院開業の野望が破れた円能寺(小日向文世)は、その失意から精神を病み始める。円能寺は、すべてが倫太郎のせいだと暴れ始め、倫太郎をはじめ蓮見(松重豊)や宮川(長塚圭史)にも「みんなクビにする」と言い放つ。円能寺がそんな状態では病院の行く末も危ういと、倫太郎は蓮見から、円能寺を何とかしてほしいと頼まれる。円能寺を急性ストレス障害だと診断した倫太郎は、円能寺と向き合い、彼の話を聞こうとするのだった。

倫太郎は明良と過ごす時間の中で、明良の存在が自分自身にとって、無くてはならないものだと気づき始める。そして母・加奈子の命日、自分の気持ちを明良に告白する決意をする。

堺雅人に笑ってるだろう、こういう顔なんです、と言わせる脚本。#Dr倫太郎

円さま「オマエ笑ってるだろう!」ひのりん「もともとこういう顔です」視聴者「円さまも同類項かと」 #Dr倫太郎

#Dr倫太郎 大門未知子、夢乃、中園さんの描きたい女性像ってやはり明確ですよね。自立してて誰のものでもない。そういう女性の清々しい孤独感を描かせると本当に上手い。そして花アンの伝様、今作の円能寺理事長、教授達、池さん。可愛いおじさまを描くのもピカイチであります。

オープニングに羊を持ってきたのはすごいと思った。ストレスを受けると、すぐに逃げ出してパニックに陥る、食べ物に非常に貪欲で人に餌をねだるとか、羊の生態をよく活かしていたなぁ…と。倫太郎が羊飼いとして先導している図が精神科医そのものだなぁ…と、思いました #Dr倫太郎

第9話 2015年6月10日

倫太郎(堺雅人)と夢乃(蒼井優)の路上キス写真が週刊誌に掲載された。倫太郎が患者の夢乃を誘惑したという内容の記事で、倫太郎はスキャンダルの渦中に。 病院でも大問題になり、倫太郎は円能寺(小日向文世)から謹慎を命じられ、その代わりに慧南大学病院に荒木(遠藤憲一)が復帰することになる。何か思惑のありそうな荒木だが、その真意は不明。

一方、自分の中の別人格・夢乃が倫太郎とのキス写真をリークしたと思い込む明良。これ以上迷惑はかけられないと思った彼女は、倫太郎から離れようとするが、倫太郎はそんな明良にもいつも通り優しく接するのだった。

何一つ態度を変えない倫太郎に対し、夢乃は彼の心の傷をえぐって挑発するが、それでも倫太郎は医師として夢乃を受け入れ、救おうとする。 そんな倫太郎に戸惑い、逆上した夢乃は、るり子(高畑淳子)と組んで「ある策略」を仕掛ける。その結果、倫太郎はますます窮地に立たされてしまうのだった…。

結局最後の最後で恋愛になっちゃうのってどうなの?確かに明良と夢乃はそれでしか救われない気はするけど、そこを心理療法でなんとかするのがこのドラマの面白味じゃなかった? #Dr倫太郎

第8話 2015年6月3日

倫太郎(堺雅人)は、副院長であり脳外科医の蓮見(松重豊)の視力が落ちていることに気付く。倫太郎は心因性の視力障害を疑うが、検査を勧めても拒否する蓮見。 蓮見は円能寺(小日向文世)から、脳腫瘍にかかったある大臣の一人息子の手術を依頼されていた。蓮見は、手術によって患者の記憶が失われる危険があるという理由で、手術はできないと申し出るのだが、円能寺は政治的理由で強引に執刀を命じる。

倫太郎は、蓮見の目が見えなくなった原因を探るため、蓮見の同期だった荒木(遠藤憲一)に相談。そして、蓮見の過去に隠された「ある事件」が明らかになるのだった…。

一方、るり子(高畑淳子)から呼び出された明良(蒼井優)は、るり子に言い放たれた言葉に激しく動揺することとなる…。

「こんな母親、絶対要らないのになー」って思うのは第三者で、当事者にとってはどんなに酷いことをされても、「母親」なのよね。捨てられるくらいなら死んだほうがマシだと思うくらい、「母親」なのよね。 #Dr倫太郎

1 2 3 4 5