1. まとめトップ

冬のくすみ肌はピンクのコントロールカラーで血色アップ♡

肌の色がくすんで見えると気分まで落ち込みますよね・・・透明感があってほんのりピンク色の肌に憧れます♡透き通るようなピンク美肌なりたーい!!!

更新日: 2018年08月10日

20 お気に入り 11066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nikocさん

女子の憧れ♡透明感のあるピンク美肌になりたい♡

透明感があってほんのりピンク色の肌って憧れます♡
透き通るようなピンク美肌なりたーい!!!

女性なら誰しもが憧れる、血色ピンクの透明美肌。
でも「最近、残業続きで疲れてるし、くすみ肌脱却は無理……。」と忙しい日々に追われて諦めている女子も沢山いらっしゃいますよね。
そんな方に朗報! 
たったひと手間「ちょい足し」するだけで簡単に透明感のある少女のようなピンク美肌をつくれちゃう方法があったんです。

ピュアでガーリーな血色の良いピンク肌。
そんなキュンとするピンク肌に憧れる女の子はいっぱい。

血色感のあるお顔は、ときには健康的で可愛らしい印象を与え、ときにはドキッとするような色気も感じさせます。

冬はお肌がくすみがち・・・肌の調子が悪いと気分も落ちます・・・

肌の色がくすんで見えると気分まで落ち込みます・・・
くすみ肌の原因は色々あるけど、冬は寒さや乾燥で肌がくすんでしまう人が多いんです。

くすみを引き起こす原因は様々ですが、主に以下のような原因が挙げられます。
紫外線
タバコ
乾燥
毛穴
血行不良
汚れ
老化
これらの要因はくすみだけでなく、肌のたるみやシミ、ソバカス、シワなどができる原因にもなります。

冬ぐすみは血行不良と乾燥、そして夏の間に排出しきれなかったメラニンが原因。
その一番の特徴はどんよりグレーがかった肌色になることです。

冷えや運度不足による代謝ダウンによる血流の滞りが、どんよりくすみ肌の原因になるということです。

肌色は、角層の半透明(グレー)、メラニン色素のイエローブラウン、血液の赤という3つのバランスによって決まります。
血行が悪くなって乾燥すると光が十分に透過せず、角層のグレーやメラニンの茶色が濃くなるため、どんよりとした肌色に。
冬は気温や湿度が下がるため、体の冷えや代謝の衰えで血行が悪くなり、乾燥もしがち。
そのためくすんで疲れた顔に見え、若々しい印象も損なわれてしまうのです。

簡単にくすみ肌をキレイに見せることって出来ないの?

化粧水や乳液・クリーム、顔のマッサージ、美肌効果のある食べ物や飲み物を飲む。
くすみ肌改善には色んな方法があるけど、それって時間も手間もかかりますよね。
もっと手早く、簡単に肌の色をよく見せる事が出来るアイテムがあるんです。

「でも、忙しいし…時間ないし…」そんな方のために、いつものメイクに加えるだけで簡単に美肌がつくれちゃう方法をお伝えします。
それは、「コントロールカラーを使う」!

コントロールカラーとは、肌の“色味”を調整し、色むらを補正してくれる優れもの。
正しく選んで使えば、肌荒れが気になるときはアラをカバーし、調子のイイときはより美しく見せてくれるという「使わなきゃ損」なアイテムなんです。

色むらを補正し、肌の色をキレイにするとその後に使うチークやアイシャドウ、シェーディングなどの化粧が映えます!
またパールが含まれているタイプはハイライト効果やコンシーラー効果もあり、立体的な顔にするためにも「コントロールカラー」は必要なのです!

ファンデーションを塗る前の下準備で、顔色を調整するコントロールカラーは、メイクの仕上がりを左右します。

ファンデーションの前にそんなにたくさん塗るのはイヤ・・・と思っている方も、自分に合うコントロールカラーを見つけるとその考えはきっと変わると思います!
コントロールカラーを使いこなすことで、メイクは数倍楽しくなりますよ!

お疲れくすみ肌はピンクのコントロールカラーで血色アップ♡

コントロールカラーには目的別に色んな色があるけれど、くすみ肌を血色のいいピンク肌に見せてくれるのはピンクのコントロールカラーです。

1 2