1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

軽い!かさばらない!東京駅で買える東京限定の美味しいお土産

NEW!モロゾフ 東京駅丸の内駅舎クリスピーショコラ【帰省の時には荷物が多くて大変!そんな時でも軽くて手軽に買って帰ることができる個包装になっているお土産をご紹介します!】

更新日: 2018年09月07日

5392 お気に入り 2250329 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

torotaroさん

【モロゾフ 東京駅限定 東京駅丸の内駅舎クリスピーショコラ】

カラフルなパッケージを開けると、駅舎の形をしたクリスピーショコラがずらりと並びます。
実際の丸の内駅舎は全長約335mですが、クリスピーショコラは9.5cmほどのサイズです。

ホワイトチョコレートでコーティングしたシリアルは、サクサクと軽い食感が印象的。シリアルが詰まり過ぎていないので、モサモサせず食べやすいのがいいですね。
優しくミルキーな甘さが混じり合うホワイトチョコレートに、時折甘酸っぱいグランベリーが加わり、甘さと酸味のバランスがとれていますよ。

銘品館東京南口
営業時間6:30~21:30

【東京ばな奈 パンダ】

6月12日に上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんシャンシャンをお祝いして誕生。パンダの顔を描きあげたふわふわのスポンジケーキで、“すくすく元気に”の気持ちをこめた、優しいバナナヨーグルト風味のクリームをとろんと包んでいます。

東京駅で今日から発売の東京ばな奈パンダ(  ̄▽ ̄)おやつに頂きます pic.twitter.com/1XCY88f7oy

ギフトガーデン 東京ばな奈 八重洲南口
営業時間6:30~22:00

【マルコリーニ ビスキュイ】

オリジナルのクーベルチュールをサンドしたビスキュイは、ほのかにジンジャーの風味を感じます。4個で2,500円弱と少し贅沢なお値段ですが、上司や目上の方へのお土産にもぴったりです。

どら焼きほどの大きさの、存在感のあるビスキュイです。
真ん中にはチョコレートがサンドされています。

しっとりめだけど、ザックリした歯触りのビスキュイ生地は、まずジンジャー・シナモン・ナツメグなどのスパイスが感じられました。
モグモグ食べていると、ビターチョコの酸味、苦味がやってきます。ビスキュイ生地がスパイス効いていて個性的なのに、ちゃんとチョコの存在感が出ているところはさすがだな~と思いました。

東京駅 グランスタ内

営業時間
8:00~22:00 ※(日・祝)8:00~21:00
GranStaの休館日に準じて休業

【東京かみなり舎 東京かみなりや】

ふわふわクリームにナッツとごまの飴がけをトッピング。かみなり様のツノをイメージして香ばしく焼いた米粉入りラングドシャでくるくる巻きました。(5個入)

東京駅 KeiyoStreet(京葉ストリート)内

営業時間 8:00~22:00

【資生堂 東京ラ・ガナシュ】

資生堂パーラーでも人気のチョコレート『ラ・ガナシュ』。東京駅限定のラ・ガナシュ、パッケージもお洒落ですね!

東京駅限定の東京ラ・ガナッシュ。ミルクチョコレートとコーヒーの2種類の味が楽しめるアソート。外はサクサクとしたクランチでなかなか美味しかったです。

東京駅 1F 21 資生堂パーラー TOKYO Me+店
平日9:00~20:30 土日祝9:00~20:00

1 2 3 4 5 6