1. まとめトップ

倒産して当然だった?~スカイマーク倒産の原因はブラック企業化だった!

西久保社長のもと3年前は営業利益100億円をたたき出した、スカイマーク。紆余曲折のあった経営は20年で突然の倒産という形で終了しました。しかし、倒産には予兆はありました。

更新日: 2015年02月13日

2 お気に入り 15051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nakanatsuさん

スカイマークが民事再生法適用(事実上の倒産)。上場企業の倒産は17カ月ぶり

従業員も知らないそうです。運行には支障はないといいつつ、職員の待遇は落ちそうですね。

スカイマーク誕生から倒産までの歴史。

会社の信用度を表す株価は、上場時は800円程度、最高時は倍の値段をつけています!

1996年(平成8年)11月12日に設立したスカイマークは規制緩和による新規参入航空会社の第一号となった。低価格をウリに当初は台風の目となりました。

しかし、その後、経営は低迷。2003年ごろには累積赤字が130億円に達した。そこで、救世主となっとのが、前社長の西久保愼一氏だった。

2014年7月にエアバス社から違約金7億ドルの支払いを求められ、経営不安が表面化する。

結局この件が最終的に尾を引いて、民事再生法の申請となった。

画像中央ぐらいでいっきに株価が暴落しています。

しかし、資金繰りが悪化する要因が大量にあった!

倒産の最大の原因は実は「ブラック企業化」だった!

社長は話題づくりに終始し、どんどん管理がずさんになっていく。

後に「ミニスカは話題作りだった」と社長自ら発言

安全とはかけ離れた方向に向かっているようです。

西久保氏の国会での答弁「人が辞めることに対し強く臨めるかどうかが航空ベンチャーの分岐点。方向性を変えるつもりはまったくない」

公明党・斉藤鉄夫議員から「離職者防止の対策を打っているのか」と聞かれての返答。
「辞めたら次を取ればいい」という考えがにじみ出てきます。ブラック企業によくある手口ですね

「休みたくても休ませない!」
従業員の待遇もどんどん悪くなっていったようです。

【#スカイマーク 】社長が安全無視の違法フライト命令、拒否した機長を解雇するブラック体質が発覚! スカイマーク全面敗訴-Biz journal biz-journal.jp/2012/12/post_1… pic.twitter.com/w6XeeaqqMR

社員による会社評価からは人材育成の観点がないことがわかる!

「若者は使い捨て」という言葉が聞こえてくるようです。その他の項目も決して高くないところがミソ。

結局、ブラック化が人材離れを誘い、信用を失い、破滅へと向かっていった。

スカイマークの破滅は、バカが経営者になると優良企業もあっという間にブラック企業に変身してしまうことを明らかにした

スカイマークの今後は?

スカイマーク株、3月1日上場廃止=東証(時事通信) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-…

【悲報】スカイマークの株400万買った女が発狂 2ch-antenna.net/id/3938485/0/ まとめるクローンX

400万円が紙くずになったら、そりゃ発狂するよね。

記者会見では今のところ「運行は継続」「リストラはしない!」と言っているようですが。

当然、再建のためには社外の介入がある。運行継続できるか?リストラがないと言い切れるか?

スカイマークの株はあっという間に紙くずになってしまった!

2015年3月1日には上場廃止予定。つまり正真正銘の紙くずになってしまう!

1