保育士になるには、厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校、その他の施設を卒業するか、都道府県知事が行う保育士試験に合格する2つの方法があります。
保育士試験ルートは試験科目も多く実技試験もあり、意外と合格率が低くなっています。
どうしても保育士になりたい場合、指定保育士養成施設を卒業すれば自動的に保育士資格を取得することができるので安心です。
最近では保育士以外にも多くの資格を取得できるようになっており、活躍の場所も広がっています!

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

幼稚園教諭保育士系大学専門学校まとめ【青森】

あこがれの保育士を目指す!大学・専門学校では他にもたくさんの資格が取得でき就職にも有利!

このまとめを見る