1. まとめトップ

前歯がかけたタイガー・ウッズ・・14年ぶりのフェニックス・オープンで笑顔を見せ、心境を明かす!

先日、前歯がかけているところを目撃され話題を呼んでいるプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手がこのほど29日から開催されているフェニックス・オープンで笑顔で元気な姿を見せ観客達から大歓声を受けたという。歯のかけた原因や辛かった思いについて心境を明かしている。

更新日: 2015年01月30日

0 お気に入り 3129 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

・ ゴルフ中に前歯がかけ大惨事となったタイガー・ウッズ、治療後は復帰に向けて笑顔を見せ・・心境を明かす

米男子プロゴルフツアーのフェニックス・オープンは29日から4日間、米アリゾナ州TPCスコッツデールで行われる。昨季、腰痛に苦しんだ通算79勝のタイガー・ウッズ(39)

タイガー・ウッズ

腰の負傷のため、4か月にわたってツアーを離れたウッズは、昨年12月に米フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)で行われた自身主催のチャリティー大会、ヒーロー・ワールドチャレンジ(2014 Hero World Challenge)で復帰した。この大会で、ウッズは最下位タイに終わっている。

ツアーの主役が笑顔で戻って来た。ウッズはショットの感触を確かめ「ドライバーショットはだいぶ切れがよくなってきた」と今季初戦へ手応えを口にした。

予選Rはパトリック・リード、ジョーダン・スピースの米国の若手有望株と同組。「スコアは天気次第で変わると思うよ」。スタートダッシュを狙う。

男子ゴルフの元世界ランク1位で、先日、前歯が欠ける不幸に見舞われたタイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)が、ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン(Waste Management Phoenix Open 2015)開幕を控え、笑顔を取り戻した。

 メジャー通算14勝のウッズは、今大会で2014年8月の全米プロゴルフ選手権(2014 PGA Championship)以来となるツアー復帰を果たす。――ウッズは先日まで、腰の負傷が話題となっていたが、現在圧倒的に注目を集めているのは、彼のゴルフの状態ではなく歯の状態だ。

ドクロのマスクをしていたタイガーだが・・

うっかり口元をメディアに見せてしまった

前歯がかけてる・・

ウッズはメディアのインタビューに対しこのように心境を語っている

「ビデオカメラを持ったひとりの男性が、僕の前で膝をついていた。その彼が立ち上がって振り向いたとき、カメラが僕の口に当たったんだ。」
「それで1本が砕けて、もう1本の歯にもヒビが入ったのさ。」
「カメラが当たって砕けたのは、根管治療済みの歯だったから良かった。もう1本の歯も治療が必要だったけどね。歯の表面から裏側までヒビが入っていたから。」

「どんなスポーツでも歯をぶつけることはある。運の悪いことに、僕は競技中じゃなかったけどね」と語った。

「向こうが位置を変えたときにぶつかったんだ。単なる事故さ。それに運よく、歯根は無事だった」

「そこらじゅう血まみれだったよ」と語ったウッズはすぐに帰国し、翌朝に歯の再建治療を受けた。現在は「まったく問題ない」状態だという。

 ウッズはまた、歯は折れた1本のほかにも、ひどいひびの入ったものがもう1本あり、帰国するまではまったく飲み食いができない状態だったと明かしている。

「帰国のフライトは悪いジョークみたいだったよ。治療を受けるまでは食べられない、飲めない。息をするだけで痛かった。ひびの入ったやつは、空気が神経に当たるんだ」

タイガーの笑顔は今やすっかり元通りだが、なぜ大会事務局長がメディアに「カメラマンとの衝突はなかった」と語ったのかは今も不明だ。そんな中「もともと歯が悪かったんじゃないか」という声は依然として多く、「不倫で泣かされた元妻の胸はもっと痛かったはず」と2009年の不倫スキャンダルを蒸し返す意見も少なくない。

14年ぶりにフェニックス・オープンに出場するウッズはどんなプレイを見せるか・・ツアーがきになる所だ!

米男子ゴルフの「フェニックス・オープン」は29日から4日間、当地のTPCスコッツデール(7266ヤード、パー71)で開催される。

1997年には、名物ホールの16番(パー3)でホールインワンを達成。99年には13番でボールのそばにあった巨大な岩を「動かせる障害物」として、ファン数人の協力によって退かしてもらった。悪質なギャラリーからラウンド中にオレンジを投げつけられた2001年大会を最後に長らく欠場していたが、今年はどんなエピソードが生まれるだろうか。

1 2