1. まとめトップ

超初心者のためのしつこく丁寧なiTunes操作方法をまとめ

iTunesをうまく使いこなすといいことがありそう。そう思って早幾年。たくさんの音楽をiTunesで楽しみたいのです。いつか使えるその日のために、こつこつ実践、こつこつまとめてます。今でも自分のまとめ見ながら操作してる筋金入りの永遠の初心者のまとめ。お仲間のお役に立ちますように。

更新日: 2019年05月28日

16 お気に入り 28208 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Vitamin100さん

●iTunesと出会ってから7年、全く使いこなせていない。現状打破を目指して、本気でHOW TOをまとめてみました●

そうはいっても、全く分からない。そんな私が理解できるレベルでサイトをまとめ。

えせ関西弁です。ごめんなさい。

簡単に言うと、Apple社製の音楽管理・再生ソフトですって。
パソコンに音楽をたくさんため込むことができるので、パソコン版ジュークボックス的なことができるソフト、ということですね。

iPhoneやiPadを持っていなくても、フリーソフトなのでダウンロードしてパソコンで音楽を楽しむこともできるそうです。

それでは、さっそくダウンロードを。
只ですよ、只。

アカウントの取得について

自分のCDから取り入れた音楽や、自分で撮影した動画等をiTunesで再生するだけならアカウントは必要ありません。しかし、iTunes Storeで音楽や映画を購入したりダウンロードするにはアカウント(Apple ID)が必要となります。

出典http://www.teach-me.biz/itunes/account.html

アカウントを取るということは、iTunesでお買い物をするということです。だから、クレジットカードでの支払いができるように用意しましょう

ダウンロードできましたか?それでは、まずiTunesを立ち上げてください。 いよいよ基本編のスタートです。

基本その1 音楽を読み込む

CDから読み込む
CDを挿入すると、アルバム名・アーティスト名・曲名が表示され、「CD"○○"をiTunesライブラリにインポートしますか?」のダイアログが現れますので【はい】をクリック。読み込みが始まります。

出典http://www.teach-me.biz/itunes/import.html

基本その2 保存場所を設定

取り込んだデータの保存先
画面左上の小さな□をクリック→【設定】→【詳細】→【ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする】チェックを入れて【OK】をクリックで設定変更です。これで、インストールした音楽が保存できます。

出典http://www.teach-me.biz/itunes/import.html

基本その3 音楽をiPhoneに転送

転送の設定
iTunesを起動し、iPhoneをUSBケーブルでPCに接続しましょう。
①iTunes画面の左上にあるiPhoneのアイコンをクリック。
②画面左の《設定》の中から、【ミュージック】をクリック。
③【音楽を同期】にチェックを入れる。
④画面下の【適用】ボタンをクリックすると、同期がスタート。
※2回目以降は適用ボタンが"同期"の表示に切り替わります。

基本その4 指定した音楽データのみを転送

iPhoneの容量にあわせて、欲しい音楽データを転送する方法。
①《設定》→【ミュージック】→【音楽を同期】にチェック。
②【選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル】にチェック。
③画面下部にプレイリスト、アーティスト、ジャンル、アルバムの4項目が増えるので、個別に目的の項目をチェックし、【適用】ボタンをクリックすると同期が開始。

基本その5 iPhoneで音を聞く

楽曲の転送の確認
iPhoneのホーム画面から【ミュージック】を起動させ、「プレイリスト」や「アーティスト」に楽曲が転送されているか確認しましょう。

まずは、音楽が聴ける状態に整ったかな?

左の画像のプレイリストみたいに、英会話のレッスン内容や好きな音楽を整理して一緒に持って歩けるように挑戦してね。

ここまでやってみた?とりあえず、私はiPhoneで音楽再生できたよ。やった!!!

では、他の音楽CDでもう一度復習してみよう。

まず、パソコンにiPhoneを接続。次に、CDを挿入しよう。iTunesの画面に『インポートしますか?』とでたら、クリック。出てこない場合は、自動でインポートがスタートしますよ。



パソコンにインストールされている音楽再生ソフトが先に立ち上がってしまうこともあるので、まずiPhoneを接続するとiTunesでインポートに進めますよ。

音楽がインポートされたら、iTunesの画面上にあるiPhoneアイコンをクリック。
画面が変わります。

変わった画面はこちら。
まず、左の欄の中の「ミュージック」をクリックするとこの画面になります。

次に、今インポートしたアルバムにチェック。
そして、右下の「同期」をクリック。

さあ、できましたか?
最後に、iPhoneの画面から音を聞いてみてね。
とりあえず、音楽が転送できるようになったかな?

こちらもわかりやすくまとまっているサイトです、参考にしてね。
http://www.ipodwave.com/ipod/torikomu.htm

ここまで来るのに何年かかっただろう・・
とにかく音楽をiPhoneで聴けるようになりました。

でも、まだまだ超初心者。
今さら、人にも聴けず、解決方法を教えてもくれないトラブルも発生。
これを、トラブルということ自体が超初心者の証。
これからも、自分が困ったことをコツコツ解決、方法をまとめていきます。

番外編 その1

<トラブル発生>同期って何?せっかく取り込んだ情報が上書きされて消えちゃった!!!

パソコンにiPhoneを接続すると勝手に『同期』。取り込んだ音楽が上書きされてしまった、なんてこったい。何をどうしたから、そんなことになったかは不明。とにかく自動で同期するのを止めたい。まずは、自動同期を停止(都度同期対応をする、に変更)、そして音楽を追加したいのである。

1.iPhoneを接続する前にiTunesを立ち上げる。
2.iTunes画面左上の□から「設定」をクリック。
3.設定画面の中の「デバイス」をクリック。
4.「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」を選択。

詳しくはこちらへ
http://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/data-itunes/addmusic/

自動同期を停止後、パソコンにiPhoneを接続。

1.左上のiPhoneアイコンをクリック。
2.ページの左側「ミュージック」をクリック。
3.画面中央上の「音楽を同期」にチェックがはいっているか確認すること。

●追加したい場合、、、
4.「選択したプレイリスト、アーチスト、アルバム、およびジャンル」をクリック。
5.右下の「アルバム」内の、iPhoneに保存したいものすべてにチェックを入れる。
6.左下の「適用」をクリックして、上書き完了。

●すべてを上書きするなら、
7.「ミュージックライブラリ全体」を選択。
8.左下の「適用」をクリックして、上書き完了。

1 2