墨田区の三囲神社(みめぐりじんじゃ)の摂社となっている。三越は元々江戸時代の三井家の呉服店から始まっており、墨田区の三囲神社は読み方を変えれば「みつい」となり、また井の文字が囲まれていることから「三井を守る」と考えられ、昔から深い関係があるという。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【東京】もはや珍しくない!ビルの屋上にある神社

ビルの屋上に鎮座する神社。地代が高く、地面に場所を確保できないことから、ビルの中に組み込まれたり、屋上に持っていかれたりする神社が多いのは東京など大都市ならではの話かもしれません。商売の守り神としてデパートの屋上に鎮座する神社も多数。ここではビルの屋上に鎮座する神社をまとめます。

このまとめを見る